業務用食器と調理器具 -食器プロ-登録商品150,000点以上!すべての飲食店オーナーのコストダウンをサポート-

加藤良子(かとう ながこ)

Profile
加藤良子(かとう ながこ)
千葉県柏市のコワーキングスペースを拠点に活動しているママライター。街の紹介冊子や商店街マップ等を多数制作してきた。その経験とともに発達した触角(食覚?)をフルに動かして、「美味しいお店・素敵なお店」を探し当てるのが特技。最近は1人でも飲みに行けるようになっただけでは満足できず、「誰かを連れて行きたい!」という衝動のもとで足繁く夜の街に繰り出している。1日の3/4を柏で過ごしているのに「愛してるのはガンバ大阪」という謎の自称・飲み食い道楽女子。

いいコト・いいトコ《其の七》ダイナミックなパフォーマンスから美しいカクテルができあがる…華麗な「フレアバーテンディング」の世界

time 2022/07/14

いいコト・いいトコ《其の七》ダイナミックなパフォーマンスから美しいカクテルができあがる…華麗な「フレアバーテンディング」の世界

フレアバーテンディングって皆さんご存知でしょうか?そう、日本でも80年代に映画で一気に有名になったあの、ボトルやシェーカーをくるくると宙に投げながらカクテルを作ってしまう、あの技です。その技術を競い合う大会「anfa ROOKIES FLAIR CHAMPIONSHIP 2022 / anfa FLAIRSTYLES 2022」が「六本木ZEUS NIGHTCLUB」で開催されました。この様子をレポートしながら、フレアバーテンディングについてご紹介します!


※なお出場者はマスク等を外していますが、スタッフや来場者はマスクを着用しています。

フレアバーテンダーとは?バーテンダーの種類

少しずつ賑わいを取り戻しつつある六本木。「六本木ZEUS NIGHTCLUB」で開催されたフレアバーテンディングの競技会に行ってきました。白熱した大会の様子をお伝えする前に、「フレアバーテンディング」って何?という疑問を解決しておきましょう。

まずはバーテンダーの種類をざっくりとご説明します。

1) クラシック(オーセンティック)
バーのカウンターの中で、シェーカーでカクテルを作ったりウイスキーなどをグラスに注いで提供しているバーテンダーです。バーテンダーといえばこのスタイルを思い浮かべますよね。

2) ミクソロジスト
最先端の道具や材料などを使って、それまでなかった作り方でカクテルを作り上げていく、いわば「バーの科学者」のようなバーテンダーのこと。

3) フレア
お酒のボトルやシェーカーを投げたり回したりしながらカクテルを作り上げる技術を使って カクテルを作るバーテンダーのこと。ちなみに、フレアという言葉には、才能、自己表現、第六感という意味があるのだそうです。

 

 

こんなにある!?フレアバーテンディングの種類について

さらにフレアバーテンディングにもこんなに種類があるのです。

1) クラフトバーテンディング
実際にお店の中でカクテルを作るときによく使う技術で、ボトルなどはほとんど投げたりせずに、手さばきだけで魅せるさりげなくてオシャレな技です。これを取り入れたいというバーテンダーさんは多く、世界的なトレンドになっています。


2) ワーキングフレア
フレアバーなどでお店にある道具を使って、液体がたくさん入ったボトルを投げながらカクテルを作っていく技です。基本的に営業中にお客様に提供するカクテルを作る時に披露するので、ボトルに入っている液体の量を瞬時に判断して技を使い分けるというスゴ技です。しかも実用的で素早く安全に行う必要があります。


3) エキシビションフレア
主に競技大会で行うフレアです。スケートでいえばフィギュアスケートの3回転半みたいな技ですので、技の限りを尽くして派手な演技をする 『フレアバーテンディングの華』といわれるジャンルです。液体も少量しか入れていません。


4)フリースタイルフレア
お客様を楽しませることに特化しているため、火を吹く、ダンス、マジック、パントマイムなど、エンターテインメント性が高いフレアです。お店のイベントやカクテルショー等で披露することが多いようです。

ということで、今回ご紹介するのは「エキシビションフレア」です。出場者のバーテンダーは仕事以外の時間に、地道に練習を重ねて大会に挑んでいるのだそうです。

anfaの公式フレア競技大会を見てみよう!

さて、場所は六本木のクラブ。熱気に包まれた会場で、ボトルやシェーカーが舞うステージに向けてたくさんの拍手が送られていました。

ファンが見守る中、フレアバーテンダーによる真剣な演技が披露される
演技中の金城光浩(mitsu)さん

大会を主催している「anfa(全日本フレア・バーテンダーズ協会)」の広報本部長・金城光浩(フレアネーム:mitsu)さんにお話しを伺いました。mitsuさんは多くの世界大会で受賞されているベテランフレアバーテンダーで、普段は目黒の「Garden」でバーテンダーとしてだけでなく、経営にもかかわっていらっしゃいます。

「anfaの公式競技大会は国内4エリアが持ちまわりで主催しています。フレッシュ、ルーキー、プロの3部門があり、会員はその中で自分のスキルにあった部門にエントリーできます。プロ部門に関しては全国どの地域の大会にエントリーできることが多いのですが、特に関東の大会は多いですね」

審査員をされることもあるmitsuさん、審査基準や配点はどのようになっているのでしょうか?

「審査自体はフィギュアスケートと同じような感覚ですね。点数配分は各大会にもよりますが、おおよそ加点の4/5は技術点で、難易度、クリエイティビティー、バラエティ、エクスプレッション(表現)などを見ています。ボトルやシェーカーを落としたり中身をこぼした回数などで減点されていきます。残りの1/5はカクテルそのものについての配点になります。ネーミング、ストーリー、味覚、色彩、トレンドなどで加点していきますが、このカクテルの配点は大会によって1/4~1/6の間で変わります。
今回の大会はスポンサーにトニックウォーターのメーカーさんが入っていますので、それを使ったカクテルがテーマになっています」

演技の最後にできあがったカクテル。審査員はこれで味や見た目などから採点します

では、mitsuさんご自身のお話しも聞かせてください。
「フレアバーテンダー歴は22年になります。バーテンダーになろうと思ったのはモテたかったから(笑)兄がクラブのバーテンダーをしていて、すごくモテたというのもありますが、友人の彼氏がフレアバーテンダーで、そのパフォーマンスが非常にかっこよかったんです。そこからビビッときまして、あの映画『カクテル』の舞台になった『TGIフライデーズ』の国内店に勤めてフレアを学びました」

1849年、アメリカのバーテンダー“ジェリー・トーマス”が作ったブルーブレイザーが世界で初めてフレアを取り入れてカクテルと言われている。日本でフレアバーテンディングが一気に知られるようになったのは、1988年のその映画のヒットからですが、そもそも映画を制作するため、トム・クルーズにフレアを教えるコーチを決める目的でオリンピックバーテンディングチャンピオンシップという大会がアメリカの『TGIフライデーズ』で行われました。この大会がきっかけで世界で初めて国際大会を開催。今もなお世界中で毎年大会が行われています。ちなみに日本にフレアが本格的に導入されたのは1997年に芝浦の『ソウルトレインカフェ』というカフェバーが始まりと言われています。

スポーツみたい!エキシビションフレアの世界

それでは演技の数々、見ていきましょう!
初々しいルーキー部門の後、始まったプロ部門は個性あふれる演出と技が光ります。

ボトルが宙を舞う!キャッチしながらカクテルも作るのがすごい!
演技の最後にしっかり作品を作って、お客様に提供できる形にして終了
今大会優勝者の高橋優太(こびと)さん。
しなやかかつダイナミックな演技が印象的でした
最後の仕上げは慎重に
可愛く、カッコよく、そして盛り上げ上手な熊代綾子(OLLIE)さんは第2位
フレアをしながらカクテルがしっかりとできあがっていくのがわかり、
最後に見た目も美しく。さすが世界で活躍する女性フレアバーテンダー
フレアの技術はもとより、観客を盛り上げることも大事なポイント。
大技が成功するとテンションMAXに
第3位の飯嶋祐太(ZIMA)さん。目線の投げ方から決めポーズまで格好良い演技

クラフトバーテンディングのこれから

やっとお店の営業も元に戻りつつありますが、anfaとして今後はどんなビジョンをお持ちなのでしょうか?

「やはり後継者育成に力を入れたいですね。今後は手元の所作だけでみせる技術・クラフトバーテンディングの技術をバーテンダーのジャンルの垣根を超えてできるように広めていくことに力をいれていきます。手元で魅せる技なので、フレアの入口としては入りやすいと思います。そこからエンターテインメント性を求めて、このエキシビションフレアを目指してもいいですし、チャレンジしていく人が増えるといいなと」
お酒が飲めない人でも、フレアバーテンディングなら楽しめますね!

それではmitsuさんと今回2位受賞のOLLIEさんによる、息の合った華麗なタンデムフレアをご覧ください!

新しいカクテルの演出「フレーバーブラスター」を使ったフレア。
ハーバルスモークを閉じ込めたバブルをカクテルにのせて、驚きと楽しさをプラス

「anfa ROOKIES FLAIR CHAMPIONSHIP 2022 / anfa FLAIRSTYLES 2022」
開催日:2022年06月19日
会場:六本木ZEUS NIGHTCLUB
主催:anfa東日本エリア
HP:https://flair-bartenders.com/



Copyright © 2016 飲食店向け仕入れサイト『食器プロ 』All rights reserved.