業務用食器と調理器具 -食器プロ-登録商品150,000点以上!すべての飲食店オーナーのコストダウンをサポート-

WP_Query Object
(
    [query] => Array
        (
            [post_type] => magazin
        )

    [query_vars] => Array
        (
            [post_type] => magazin
            [error] => 
            [m] => 
            [p] => 0
            [post_parent] => 
            [subpost] => 
            [subpost_id] => 
            [attachment] => 
            [attachment_id] => 0
            [name] => 
            [pagename] => 
            [page_id] => 0
            [second] => 
            [minute] => 
            [hour] => 
            [day] => 0
            [monthnum] => 0
            [year] => 0
            [w] => 0
            [category_name] => 
            [tag] => 
            [cat] => 
            [tag_id] => 
            [author] => 
            [author_name] => 
            [feed] => 
            [tb] => 
            [paged] => 0
            [meta_key] => 
            [meta_value] => 
            [preview] => 
            [s] => 
            [sentence] => 
            [title] => 
            [fields] => 
            [menu_order] => 
            [embed] => 
            [category__in] => Array
                (
                )

            [category__not_in] => Array
                (
                )

            [category__and] => Array
                (
                )

            [post__in] => Array
                (
                )

            [post__not_in] => Array
                (
                )

            [post_name__in] => Array
                (
                )

            [tag__in] => Array
                (
                )

            [tag__not_in] => Array
                (
                )

            [tag__and] => Array
                (
                )

            [tag_slug__in] => Array
                (
                )

            [tag_slug__and] => Array
                (
                )

            [post_parent__in] => Array
                (
                )

            [post_parent__not_in] => Array
                (
                )

            [author__in] => Array
                (
                )

            [author__not_in] => Array
                (
                )

            [ignore_sticky_posts] => 
            [suppress_filters] => 
            [cache_results] => 1
            [update_post_term_cache] => 1
            [lazy_load_term_meta] => 1
            [update_post_meta_cache] => 1
            [posts_per_page] => 19
            [nopaging] => 
            [comments_per_page] => 50
            [no_found_rows] => 
            [order] => DESC
        )

    [tax_query] => WP_Tax_Query Object
        (
            [queries] => Array
                (
                )

            [relation] => AND
            [table_aliases:protected] => Array
                (
                )

            [queried_terms] => Array
                (
                )

            [primary_table] => wp_posts
            [primary_id_column] => ID
        )

    [meta_query] => WP_Meta_Query Object
        (
            [queries] => Array
                (
                )

            [relation] => 
            [meta_table] => 
            [meta_id_column] => 
            [primary_table] => 
            [primary_id_column] => 
            [table_aliases:protected] => Array
                (
                )

            [clauses:protected] => Array
                (
                )

            [has_or_relation:protected] => 
        )

    [date_query] => 
    [queried_object] => WP_Post_Type Object
        (
            [name] => magazin
            [label] => 食器とお店
            [labels] => stdClass Object
                (
                    [name] => 食器とお店
                    [singular_name] => 食器とお店
                    [add_new] => 食器とお店を新規追加
                    [add_new_item] => 食器とお店を新規追加
                    [edit_item] => 食器とお店を編集
                    [new_item] => 新規食器とお店項目
                    [view_item] => 食器とお店を表示
                    [view_items] => 投稿一覧を表示
                    [search_items] => 食器とお店項目検索
                    [not_found] => 食器とお店が見つかりません
                    [not_found_in_trash] => ゴミ箱に食器とお店はありません
                    [parent_item_colon] => 
                    [all_items] => 食器とお店
                    [archives] => 食器とお店
                    [attributes] => 投稿の属性
                    [insert_into_item] => 投稿に挿入
                    [uploaded_to_this_item] => この投稿へのアップロード
                    [featured_image] => アイキャッチ画像
                    [set_featured_image] => アイキャッチ画像を設定
                    [remove_featured_image] => アイキャッチ画像を削除
                    [use_featured_image] => アイキャッチ画像として使用
                    [filter_items_list] => 投稿リストの絞り込み
                    [items_list_navigation] => 投稿リストナビゲーション
                    [items_list] => 投稿リスト
                    [item_published] => 投稿を公開しました。
                    [item_published_privately] => 投稿を限定公開しました。
                    [item_reverted_to_draft] => 投稿を下書きに戻しました。
                    [item_scheduled] => 投稿を予約しました。
                    [item_updated] => 投稿を更新しました。
                    [menu_name] => 食器とお店
                    [name_admin_bar] => 食器とお店
                )

            [description] => 
            [public] => 1
            [hierarchical] => 
            [exclude_from_search] => 
            [publicly_queryable] => 1
            [show_ui] => 1
            [show_in_menu] => 1
            [show_in_nav_menus] => 1
            [show_in_admin_bar] => 1
            [menu_position] => 5
            [menu_icon] => dashicons-store
            [capability_type] => post
            [map_meta_cap] => 1
            [register_meta_box_cb] => 
            [taxonomies] => Array
                (
                )

            [has_archive] => 1
            [query_var] => magazin
            [can_export] => 1
            [delete_with_user] => 
            [_builtin] => 
            [_edit_link] => post.php?post=%d
            [cap] => stdClass Object
                (
                    [edit_post] => edit_post
                    [read_post] => read_post
                    [delete_post] => delete_post
                    [edit_posts] => edit_posts
                    [edit_others_posts] => edit_others_posts
                    [delete_posts] => delete_posts
                    [publish_posts] => publish_posts
                    [read_private_posts] => read_private_posts
                    [read] => read
                    [delete_private_posts] => delete_private_posts
                    [delete_published_posts] => delete_published_posts
                    [delete_others_posts] => delete_others_posts
                    [edit_private_posts] => edit_private_posts
                    [edit_published_posts] => edit_published_posts
                    [create_posts] => edit_posts
                )

            [rewrite] => Array
                (
                    [slug] => magazin
                    [with_front] => 1
                    [pages] => 1
                    [feeds] => 1
                    [ep_mask] => 1
                )

            [show_in_rest] => 1
            [rest_base] => 
            [rest_controller_class] => 
            [rest_controller] => 
            [post_type] => post
        )

    [queried_object_id] => 
    [request] => SELECT SQL_CALC_FOUND_ROWS  wp_posts.ID FROM wp_posts  WHERE 1=1  AND wp_posts.post_type = 'magazin' AND (wp_posts.post_status = 'publish' OR wp_posts.post_status = 'acf-disabled')  ORDER BY wp_posts.post_date DESC LIMIT 0, 19
    [posts] => Array
        (
            [0] => WP_Post Object
                (
                    [ID] => 2237
                    [post_author] => 9
                    [post_date] => 2020-03-20 22:45:49
                    [post_date_gmt] => 2020-03-20 13:45:49
                    [post_content] => 

屋外でのアクティビティが気持ちの良い季節になりました。最近はちょっとした屋外イベントやショッピングセンターなどにもキッチンカーが出店していて、青空の下でもあたたかい料理を食べることができます。遠出しなくてもデイキャンプ気分を楽しめるのがいいですね!
今回はおしゃれなキッチンカーやフードトレーラーを店舗としているカフェ「EAGLE NEST CAFE」をご紹介します。

アウトドアのワクワク感を味わえるトレーラーハウスカフェ

手賀沼を中心に自然に囲まれた千葉県柏市・沼南エリア。デイキャンプやヨット、サイクリングなど、首都圏内にありながら近場で気軽にアウトドアを楽しめるため、市内や近隣だけでなく、都内からも多くの人が訪れる観光スポットとして近年注目されています。その手賀沼近くに昨年10月オープンした、今話題のトレーラーハウスのカフェ「EAGLE NEST CAFE」に行ってきました。

■県道8号線(船取街道)沿い、この看板が目印!
■キッチンやイートインスペース、雑貨店もオリジナルデザインのトレーラー
■フードトレーラーのキッチン。ここで注文を受けて、調理する

大きいだけじゃない!イタリア料理20年歴シェフの絶品ハンバーガー

「EAGLE NEST CAFE」は、キッチンのあるフードトレーラー、雑貨売り場2棟、イートインの、ヴィンテージアメリカンスタイルのトレーラーハウス4台で、ウッドデッキを囲むように構成されています。これらのトレーラーはすべて、カフェを運営している「EAGLEVALLEY」によるオリジナルメイド。カフェは「EAGLEVALLEY」の敷地内にあるため、作りかけのトレーラーが置いてあるなど、なかなかワイルドな雰囲気ですね。

「EAGLE NEST CAFE」のフードメニューはアメリカンタイプのハンバーガーがメイン。すべてセントラルキッチンカーで注文を受けて、そこで調理しています。これからハンバーガーのバリエーションを増やす予定だとか。その他、ワッフルなどのスイーツ系やハンドドリップコーヒーを販売しています。

■お天気の良い日なら、テイクアウトやデッキのベンチで食べるのがおすすめ

キッチンカーの中で調理しているのはイタリア料理人歴20年のシェフ・髙橋さん。ヨーロッパやアメリカでも経歴を重ねてきた髙橋さんがなぜ、フードトレーラーで料理を作ることになったのでしょうか?

■髙橋さんが料理人になったきっかけは、小学生の時に見た料理のドラマやアニメを観て料理に興味を持ったことから。さらに掘り下げると、父親が和菓子職人で、その仕事を近くで見たり手伝ったりしたことが人生に大きく影響している

「キッチンカーとのつながりは、浜松で知り合いのシェフがキッチンカーに興味を持っていて、そのシェフのサポートができるように…と、勉強してしっかりとした事業計画を提案したところ、その計画書を見た地元の先輩から、千葉にトレーラーハウスのメーカーがあって、代理店を探していると、『EAGLEVALLEY』を紹介してもらいました」と語る高橋さん。その縁から「EAGLE NEST CAFE」のプロデュースを任されることになったのだそうです。

■「EAGLE NEST CAFE」のHPやパンフレットの写真も髙橋さん自ら撮影したもの。料理人をしながら休みの日は社会人学校で撮影についても勉強して、機材もプロ並みにそろっているのだとか。時代や状況に合わせて料理内容を変えたいと思ったらすぐに、自分でレシピもメニュー表なども作り替えることができるという、スピード感が彼の最大の強み

さまざまなフードトレーラーが活躍!

「EAGLE NEST CAFE」は、このカフェ以外に、イベント出店や移動販売、ケータリングで活躍するフードトラックがあります。出店場所の規模やイベントの内容によって出動するトラックとメニューをカスタマイズするのも髙橋さんの役目です。

■定期的に出店している移動販売は軽トラタイプで。メニューはご飯もののみ。カレーやたこライス、チキンクリームライスなど、スパイシー+ご飯というコンセプト
■薪で炊くピッツァ窯を搭載できる2tロングトラック。これは広い場所でのイベントのみ出動。10月に初めて稼働したのがこのフードトラック。この車体が完成したのが実は出店の2日前で、試運転みたいなぶっつけ本番だったという逸話がある。この時に焼いたピッツァは3時間で120枚。大忙しの現場だったとか
■これから力を入れたいのが、カスタムケータリング。最近人気のグランピングや大人数でのバーベキューなど、本格的な料理をヴィンテージアメリカンの世界観の中で楽しんでもらいたい。初めての依頼は提携している守谷のキャンプ場にて、会社の忘年会用にとのことだった

「料理人として料理を作る時は大きな設備の整った店舗が多かったので、最初にトレーラーのキッチンを使った時はやりづらいと感じました。でも、狭くて設備にも限界があるキッチンカーで、いかに料理のクオリティとスピードを上げるか?と簡単なレイアウトを考えるのも面白いです。また、食材を置く場所とか、ここにフックや棚があったらいいな、などオペレーション化にむけての追加は会社に言えばすぐに作ってくれるので、そこがやっていて楽しかったし、勉強にもなりました。どんどんカスタマイズされてそれが製作に活かされてくのを実感できるんです」と髙橋さん。
今後はこうしたフードトラックの出店回数を増やすだけでなく、同時にフードトラックを複数台稼働できるようにして飲食事業のメインに成長させたいと考えているそうです。そのためにはスタッフの教育と自分以外のスタッフでもクオリティを下げないで作れるメニュー開発も必要なのだと、熱く語っていました。

トレーラーの製作現場も見ることができる!?

さて、カフェの裏側にはトレーラーやオリジナルの家具を作る工場があります。そこもチラッと見せていただきました。

■トレーラーのシャーシ。土台になる部分で、電気系統の配線などもあり、これは輸入している。この枠を基にハウス部分を作るのが「EAGLEVALLEY」の仕事
■「オールド・サクラメント」は、無垢材や古材を使用した木製家具やアイアン家具を製作する工房
■木製品を加工するエリア
■こちらでは金属加工の職人が黙々と仕事をしている
■個人からの依頼で小さなトレーラーを制作中
■ステージトラックの内装も制作。スタジオなど建物の内装も得意

心あたたまる料理をどこへでも届けられるフードトレーラー

「EAGLE NEST CAFE」は鉄道の駅からはちょっと遠い場所にあります。なので、どんなお客さんが来るのでしょう?
「基本的にカフェはランチタイムしかやっていないので、営業時間も短いのですが、イートインスペースも少ないので3組くらいでいっぱいになってしまいます。ここで食べる方というよりも最近はテイクアウトが増えてきていますね。平日は主婦の方、週末はファミリーや若いカップル。大学生のサークルも多いです。車でおみえになる方が多いのはもちろんですが、バイクや自転車でツーリングしている方にじわじわと人気が出てきています。この大きな看板は年末にここの工場で作ってすぐに設置したのですが、看板があると見つけてもらいやすくなりました!」

カフェはお客さんに来てもらうところですが、フードトレーラーやキッチンカーはどこでもあたたかい料理を届けることができるアクティブな店舗です。きっと明日もどこかで、「EAGLE NEST CAFE」の料理を楽しみにしている人がいるはず。

さて、私だったら…気持ちの良い晴天の日の森の中で、人数多めに集めてグランピングしてみたいですね♪

「EAGLE NEST CAFE」
住所:千葉県柏市箕輪356-12
電話番号:04-7192-8638
営業時間:月~日11:00~15:00
定休日:不定休
アクセス:阪東バス 「柏54」系統 (柏駅東口-東我孫子車庫)「新箕輪」停留所下車徒歩2分
駐車場あり
HP:https://eaglenest-cafe.com/

[post_title] => Vol.31 料理人がカスタマイズしたフードトレーラー店舗「EAGLE NEST CAFE」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => open [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-31 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2020-03-20 22:51:18 [post_modified_gmt] => 2020-03-20 13:51:18 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=2237 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [1] => WP_Post Object ( [ID] => 2202 [post_author] => 9 [post_date] => 2020-01-30 15:20:45 [post_date_gmt] => 2020-01-30 06:20:45 [post_content] =>

1月は新年会など、乾杯をする機会が多い月でしたね。新年の祝酒といえば日本酒ですが、日本酒も多種多様な銘柄や種類があり、それぞれをどういう料理に合わせればよいかわからないという声もよく聞きます。今回ご紹介するのは麻布十番にある「赤星とくまがい」。料理それぞれに合う日本酒を提供する“ペアリング”という方法で、世代や国籍などを超え注目を浴びている日本酒BARです。

麻布十番の隠れ家日本酒BAR

麻布十番駅から麻布通りに出て、すぐに路地に入って数分。「赤星とくまがい」は、割烹などの高級飲食店が入るビルの7階にあります。中に入るとまずは大きな一枚板のカウンターと有名な日本酒の銘柄が書かれたバックバーに目が行きます。照明も大人な雰囲気ですね。
日本酒のお店ですが、料理は和食とイタリアンの融合ということで、和洋折衷なしつらえです。

■カウンターが12席、グループでの利用ならテーブル席(8席)も
■ナフキンは和手ぬぐい、帆布の酒蔵コースターも粋。白木のカウンターは温かみある樫の木の一枚板。ただし、クレーンで搬入する時に長すぎて入らずに泣く泣く半分に切ったのだとか

なぜ、あえての“ペアリング”なのか?

■オーナーの赤星さん

「赤星とくまがい」のコンセプトは日本酒と料理を合わせて提案する“ペアリング”。でも、よく聞く“マリアージュ”とはどう違うのでしょうか?
「マリアージュは“交わる”とか“結婚する”という意味のフランス語で、2つが混ぜ合わさることで良さが生まれるというとてもワイン的な表現ですよね。ペアリングは“横に寄り添う”こと。寄り添いながら互いの良さを引き出すものだと考えていて、それはとても日本人っぽい感覚で、世界に発信できる日本の強みだと思うんですよ。でも、島国で生まれた日本酒の良さが世界中の人に知ってもらえるようになったのは、ワインという文化があるからだとも思っています」と酒ソムリエでもありオーナーの赤星慶太さん。

赤星さんは神戸出身。ワインソムリエと唎酒師の資格を取得してから1998年に地酒のインポーターとして渡米し、ニューヨークを拠点として地酒を全米に広める活動をしてきました。酒販資格なども取り約20年のアメリカ生活を終えて、2015年にニューヨークで知り合った熊谷道弘シェフとともに「赤星とくまがい」を開店しました。

■厨房の窓からはシェフの熊谷さんの真剣な表情が見える

「日本文化の良さをとてもよく表しているのが日本酒だと思うんです。アメリカでは流行っているのですが、むしろ日本では日本酒の需要が落ちてきています。だから、一つの文化が衰退してしまうのを危惧して日本に帰ってきました。もっと日本酒を若い人達に飲んでもらいたい。でも、ただ『おいしいですよ』といわれても簡単には飲んではもらえないんですよ。じゃあどうしたらいいか? 実は、有名人が語るとすごく影響が大きいです。実際にテレビで紹介してもらった時には『テレビで見て来ました』という人がとても多かったです。でも、そこから拡げていくために自分ができることは何だろう? と考えた時に、“日本酒を料理に合わせることで、その良さを再確認してもらう”ことだと。そして、それはイベント広場とかでやるだけでは続かない。その時においしいと思ってもイベントなどの単発の場所では、次にまた行きたくても行けなくなってしまいます。でも、こういう場(店)があればまた来てもらえる、また体験してもらえる…それが『赤星とくまがい』を作るきっかけです。
日本酒の種類を教えることは僕じゃなくてもできる。でも、ゆっくりとコースで食べてもらいながら、その料理に合ったお酒を飲む順番もしっかり考えたペアリングをすること。それが僕にしかできないことだと考えています」と赤星さん。

前菜から最後のデザートまで。心躍る一皿と一杯が続く

では、いよいよ本日のおまかせペアリングのコース、スタートです! ちょっとドキドキします。


1品目の「北海道厚岸産牡蠣と林檎の酢のもの」には、会津若松の地酒でリンゴと相性がいいお酒。濁り酒ですがとても軽いタイプで飲みやすい。牡蠣のクリーミーさとも合います。

■酸の強いものはすっきりとスムーズに喉の奥に入るように、飲み口があまり大きくないうすはりのものを…など、酒の個性に合わせてグラスをセレクトする。まずは一口飲んでから料理を一口。そしてまたお酒に戻る。そんな風に一つひとつを味わいながらいただく。
「赤星とくまがい」では日本酒を提供するのは主にグラスで、表情豊かな「津軽びいどろ」が多い

「ペアリングは最初が大事です。スタートで次の料理やお酒へどんな風につないでいけるか?ワクワクしていただきたいです。今回は実はデザートがメインです。デザートとそのお酒が一番しっかりしたお味になっているので、お楽しみに!」

そして2品目は「白子と湯葉~ズワイガニとセリのあんをかけて~」。実はこのやさしい味のお料理が毎回ソムリエを悩ませるのだとか。
煮込み料理はシェフのその日の体調や、毎日引くお出汁のかつお節の量で変わるため、その日の出汁の具合をみてから合わせるお酒を決めています。
「『これだ!』と完璧なものを決めていると、ちょっと違ってしまうととてつもなく合わなくなる。それを気づかせてくれたのは常連のお客様でした。試しに飲んでみたら、ほんとに合っていませんでした(笑)昨日まではあれだけ合っていたのに…むしろ合いすぎていると少しずれるとまったくダメになるんですよ」と赤星さん。
今回は実はいつもとは違うバージョンでした。香りよりも旨みを当てて、白子のクリーミーさに合うお酒をセレクト。

3品目は「白魚とそら豆のかき揚げ」。これにはレモンをふりかけて、塩でさっぱりといただきます。レモンの酸味とよく合う「飛龍」でいただきます。

■くぼみのある手焼きの皿は、埼玉県の作家さんによるもの。実は刺身用に作ってもらったのだが、こうしてレモンを添えたりできるので、揚げ物でも大活躍

いよいよコースも佳境に入ってきました。4品目は「産地直送刺身三点盛り」です。まずはまぐろから。常温の「弁天娘」をペアに。ずっしりした味がトロの旨みとマッチしています。次のたいら貝には千葉県香取郡の「不動」。むむ?香取といえば、神崎のお酒ですね!これはお醤油との相性がいいということ。やはりという感じです。最後にウニには火入れ無濾過「X3亜麻色」というラベルからして雰囲気が違うお酒。実は麹が3倍使われていて、色味もやや褐色です。飲んでみると、少し甘みを感じるコクのあるタイプ。まるでシェリー酒のようです。そのコクがウニと合うんですね。

5品目は「真鱈のロースト~下仁田ネギクリームソースで~」。これには「新政」の初しぼりを合わせます。元旦にしぼって地元の神社でご祈祷を受けているというおめでたいお酒。ネズミ年なのでラベルにネズミが書いてあるのも可愛いです。酸味のあるお酒なので、クリームにレモンを入れるような感覚でいただきます。

6品目は「イベリコ豚のロース炭火焼き~金柑味噌で~」。主張は強すぎず、ほのかな柑橘の香りがイベリコ豚を爽やかに包みます。これに合わせるのはきりりとした灘の酒「七つ梅」の燗酒。

■料理と合わせる時、冷、常温、燗、で同じ酒でも表情が変わる。テーブルに出して置いておくと常温になるので、通常は常温での相性で合わせる

7品目、「鰤しゃぶ出汁茶づけ~みつばの出汁をかけて~」。これにはお酒のペアは無し。お出汁のやさしい味にホッとしながら舌を休ませます。

では8品目、いよいよ「本日のデザート」。今日のメインといってもいいサプライズメニューです。

6時間ほどじっくりと時間をかけて作るイタリアンのプリンはかなり濃厚。これにも日本酒を合わせてしまいます。しかもなんと燗酒です! 山口県岩国の「五橋」。錦川にかかる五連の反り橋「錦帯橋」から付けた名前だとか。懐かしい…広島に転勤で住んでいた時によく行きました。日本酒の楽しさは、その蔵元の地域の風景を思い浮かべながら飲めることにもありますね。
さて、このペアリングのイメージは“コーヒーとデザート”。プリンのカラメルを口に含むと、まるで燗酒がブラックコーヒーを飲んでいるような酸味や苦味、コクを感じます。実に面白いです。

最後にお茶を出していただきました。その器がまたかわいらしい!
とちの木をくりぬいて作られた湯飲みで、外側に熱が伝わらないため、熱いお茶でもしっかり手に持って飲むことができます。内側には防水のため薄くコーティングされていますが、表は木のぬくもりそのままに塗装はされていません。

「実は、これを作っているのは空間プロデュースをしている会社さんで、カウンターとか内装とか大きなものしか作ってないんですよ。しかも何日もかけて乾燥させながら作るのでとても手間がかかるから、結構お高いんです(笑)」
海外から来た人からも欲しいといわれて、「赤星とくまがい」のクマの刻印が入ったこの湯飲みに限って、店経由で販売しているのだとか。確かになでなでしていると気持ちいいんですよね。

今年5年目で今後どうやって行くか?何時も考えている

「こういうお店って、結局お客様が来てくれないとだめなんですよ。これからどういう人とつながるか?どれだけお客様とのパイプを作るか?そういうつながりが大事だと考えています。来ていただいたお客様には価値ある料理を食べていただく。そういう基本的なところはブレない。でも、それだけではダメ。料理やお酒を食べていただきながら、そのバックグラウンドや自分なりの言葉を添えて行くのが僕のできることだと思うんです」と赤星さん。

■運命的に出会った二人の息の合ったサービスに魅了され、リピートする客も少なくない

海外を拠点に活動してきた赤星氏と、奇跡的に同じ頃、同じ場所で活躍していた熊谷シェフが織りなす“酒が料理に寄り添う”ペアリング。初めての方にはお酒との良い出会いを、酒好きには新たな発見の場となりますように…そんな願いがこもった一皿と一杯がその人の心を豊かにしてくれるでしょう。

ここはですね…やっぱりデートで使ってほしいです。男子、こういうところに女子を連れて行かねばですぞ!

「赤星とくまがい」
住所:東京都港区麻布十番3-3-9 VORT 麻布十番ビルII 7F
電話番号:03-6459-4589
営業時間:火~木 18:00~24:00、金・土18:00~翌2:00
定休日:日・月曜、祝日
アクセス:東京メトロ南北線「麻布十番駅」徒歩4分
HP:http://akakuma-sake.com/

[post_title] => Vol.30 日本酒が料理に寄り添う“ペアリング”とは?「赤星とくまがい」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => closed [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-30 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2020-01-30 16:45:44 [post_modified_gmt] => 2020-01-30 07:45:44 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=2202 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [2] => WP_Post Object ( [ID] => 2156 [post_author] => 9 [post_date] => 2019-12-23 14:43:20 [post_date_gmt] => 2019-12-23 05:43:20 [post_content] =>

カプセルホテルの「狭い」「男性専用施設っぽい」そんなイメージを打ち破ったラグジュアリーカプセルホテルの先駆者である「ファーストキャビン」が今年9月、柏の葉にオープンしました。新しいシステム「オールインクルーシブスタイル」を採用した「ファーストキャビン柏の葉」と、そのお隣のコーヒー豆自家焙煎のお店「SOLITO MAGO COFFEE LABO 柏の葉珈琲研究所」をご紹介します。

コンセプトは“コンパクト&ラグジュアリー”

日本(世界?)初のカプセルホテルが開業したのは1970年代、大阪が発祥と言われています。当時、「とても日本らしい発想だ」と世界でも話題になったことを記憶しています。当時から出張などで宿泊費を抑えたいというサラリーマンの利用者が多かったのですが、今では外国からの旅行客にも利用されるようになっています。とはいえ、女性からも支持を得られるようになったのはつい最近ではないでしょうか?

■広々とした敷地に建つ「ファーストキャビン柏の葉」。緑の木々に囲まれ、開放的な雰囲気

今年9月、柏の葉キャンパス駅から「かけだし横丁」を通って5分程、目の前には大きな池のある開けた場所に、「ファーストキャビン柏の葉」がオープンしました。地元の方々もここに何かできるのか?とても楽しみしていましたが、まさかカプセルホテルとは!しかもただのカプセルホテルではありません。オールインクルーシブスタイルという、海外のリゾートホテルなどで主に導入されているスタイルを採用。宿泊料金に食事や大浴場など、施設内で利用するサービスすべての料金が含まれます。「ファーストキャビン柏の葉」では、ラウンジでのお食事やドリンクのサービスも含まれます。時間帯によりメニューは変わりますが、「好きなものを好きなだけ、好きな時間に自由にいただける」というのですから俄然、興味が湧きますよね。
では、まずは中を探検しましょう!

■エントランスを入ると正面にフロント、右側にカフェテリアがある
■ロビーから扉の中に入ると途端に照明が抑え目に。1階が女性、2階が男性とフロアで分かれている
■こちらが「ビジネスクラスキャビン」。100cm幅ベッドで、32インチ液晶テレビが壁にかかっている。正面の仕切りは上から下にシャッターを降ろす。ベッドの上に立てるくらい高さがあるので着替えも楽々。通常7,500円~(キャンペーン時 平日4,500円~)
■女性に人気の「ファーストクラスキャビン」。正面に32インチ液晶テレビ、ベッドは120cm幅セミダブルで広々。通常8,500円~(キャンペーン時 平日5,500~6,000円程度)
■サイドテーブルの上に設置された地域情報を検索できるタブレットと、紙製のたためる椅子。これらがあるのはファーストキャビンの中でも柏の葉店だけ!
■男性フロアに入る前に、明るい廊下に並ぶのは…「プレミアムクラス」の部屋
■「プレミアムクラスキャビン」はセミダブルのツインルーム。ここは施錠も可能でトイレ、洗面所も付いている個室タイプ。グループやファミリーでも利用に便利(小学生以上)通常2名で1室13,500円~(キャンペーン時は1室1名利用7,500円、2名利用9,500円~)
■「プレミアムクラスキャビン」はアメニティも充実。N.Yのホテルを参考にしている
■男性フロアのみにある「プレミアムエコノミークラスキャビン」通常6,200円~(キャンペーン時 平日3,000円~)。このお値段ですべて食事がついて大浴場も使えるならかなりお得

【オールインクルーシブ STYLE】ではどんな料理が食べられるの?

さて、皆さんが気になるのはオールインクルーシブスタイルの内容だと思います。好きなだけ好きな時に好きなものを…ってどんなだろう?と思いますよね。

■メニューはこんな感じ。メインディッシュは3種類から。なんとアルコールも飲み放題!?
■本日のメインディッシュ「サーモンの柑橘スチーム」「豚ロースのカツレツ」「和牛のハンバーグ」の3種。結構ボリュームあるのでは?
■副菜はブッフェ形式で
■デザートも焼き立て、作りたてが並ぶ。そのクオリティの高さにビックリ!

こんな素敵なカフェテリアがあるなんて、しかも外から見えるので、「宿泊客じゃなくても食事はできないの?」という問い合わせも多いようです。
むしろ、オールインクルーシブスタイルが目的で、大浴場を使って食事をしていくお客様もいるとか。

商品開発室長の川上将典さん

「ファーストキャビンのコンセプトは『コンパクト&ラグジュアリー』なのですが、中でも柏の葉はよりカジュアルで親しみやすい雰囲気です。カフェでは誰もが一目でどういう料理なのかがわかりやすいメインメニューで、ソースなどもすべてここのキッチンで作っており、いつもフレッシュなものを提供しています。また、一皿のボリュームは少し小ぶりにして、その分、質を良くしています。野菜は地元のものを仕入れているのですが、今後は千葉で獲れた魚を使うなど、できるだけ地場の食材を使った料理を提供するとか…そこまでできたらもう、カプセルホテルという概念をブレイクスルーできるかもですね。
今はとにかくこのスタイルがファーストキャビン初挑戦の取り組みなのと、スタッフもまだまだ育ててクオリティを上げているところです。私たちもまちといっしょに成長していければいいなと思っています」と商品開発室長の川上将典さん。広いエントランスで育てたハーブを料理に使ったり、日曜のお昼にキッチンカーでテイクアウトメニューを一般の方にも楽しんでもらいたいなど、個人的に考えている夢はたくさんあるのだとか。もし、それが実現できたら「そんなカプセルホテル、見たことない!」と話題になるかも知れませんね。

奥が深いコーヒーの世界を研究中「SOLITO MAGO COFFEE LABO 柏の葉珈琲研究所」

ファーストキャビンに向かって右側にある小さな建物からなんとも芳ばしい香りがしてきます。ここはコーヒー豆を自家焙煎して販売している「SOLITO MAGO COFFEE LABO 柏の葉珈琲研究所」。柏市内にバーやカフェなど3店舗を経営している松本克敏さんが、柏の葉に初めてオープンしたお店です。バーテンダーの松本さんのイメージが強かったので、ここでは熱い焙煎機の前で汗をかきながら微妙な火加減を調整する姿が、今までとはまったく違った印象で驚きました。
豆へのこだわりから、焙煎の火加減、タイミングなど日々が研究ということで研究所としているとのこと。豆は煎り方ひとつで香りやコクが変わるのが飲んでみるとよくわかります。

■豆の販売だけでなく、イートインスペースがあるので、「ちょっと一杯…」が楽しめる
■淹れたてをテイクアウトもできるので、散歩のお供にも
■ティーバッグ紅茶のようにお湯に入れるだけでコーヒーが淹れられるのが人気の「コーヒーバッグ」。気軽にいろんな味を少しずつ試したり、友人にプレゼントしたりと、用途もさまざま
■各種コーヒーを試飲できるので、飲んでみてから豆を選べる。デカフェの豆もあるので妊産婦さんにも喜ばれているとか。それにしてもここのコーヒーは冷めてもおいしくてビックリ!
ちなみに、豆は柏駅近くの「Espresso&Bar come al SOLITO」でも購入できる
■日本製の大きな焙煎機。これを導入している焙煎所は日本でも数少ないのだそう

柏の葉もいろんな施設ができて、調整池の周りを散歩するのも楽しくなりました。ちょっと一息つきたい時に、コーヒーブレイクしてみてはいかがでしょうか?

今回ご紹介した「ファーストキャビン柏の葉」はカプセルホテルなので、遠方から来た方が対象なのはもちろんですが、実は柏の葉で仕事が終わらず(飲んでいて?)終電を逃してしまった方には、すごくお得な施設だと思うのです。あと地元の人でも、ご家族やお友だちと一緒に宿泊して旅行気分を味わってみたりするのも結構面白いかもしれません。なんといってもオールインクルーシブスタイルなので、お泊りディナーパーティができちゃいますよ!

「ファーストキャビン柏の葉【オールインクルーシブ STYLE】」
住所:千葉県柏市若柴226番地42 中央144街区2 
電話番号:04-7193-8010
営業時間:チェックイン 17:00 / チェックアウト 10:00
定休日:無休
アクセス:つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅下車徒歩5分駅
HP:https://first-cabin.jp/hotels/37

「SOLITO MAGO COFFEE LABO 柏の葉珈琲研究所」
電話番号:070-1431-8295
営業時間:11:00~18:00
定休日:水曜
HP:https://www.facebook.com/Solito-MAGO-Coffee-LABO-113815916659981/

[post_title] => Vol.29 カプセルホテルでリゾート!?「ファーストキャビン柏の葉【オールインクルーシブ STYLE】」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => open [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-29 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2019-12-23 14:49:03 [post_modified_gmt] => 2019-12-23 05:49:03 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=2156 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [3] => WP_Post Object ( [ID] => 2121 [post_author] => 9 [post_date] => 2019-12-09 18:04:36 [post_date_gmt] => 2019-12-09 09:04:36 [post_content] =>

もう今年も師走に入りました。最近ではどこに行ってもライトアップされた夜景を楽しむことができますが、この毎年恒例となった「恵比寿ガーデンプレイスウインターイルミネーション2019」はまた格別です。世界最大級のバカラシャンデリアを中心に、シャンパンバー、クリスマスツリーの展示やマルシェの開催など、ムードいっぱいの空間で冬の夜空を見上げてみませんか?

Baccarat ETERNAL LIGHTS-歓びのかたち-

毎年冬の恒例イベントとなった「恵比寿ガーデンプレイスウインターイルミネーション2019」。
今年も11月から始まっています。
その中でも一番注目されるのが250年余の伝統と革新を継承し続けるバカラ世界最大級のシャンデリアが輝く「Baccarat ETERNAL LIGHTS-歓びのかたち-」では、約10万球のシャンパンゴールドの煌めきが施設全体を包み込みます。

バカラシャンデリアは、高さ約5m、幅約3m、クリスタルパーツ総数8,500ピース、ライト総数250灯という世界最大級のスケール。その制作には、13人のフランス最優秀職人(M.O.F)をはじめとする熟練した職人の技と、15,000時間もの長い時間が要されている
シャンデリアの下にはバカラのロゴが

バカラの起源は1764年、時の国王、ルイ15世の認可を受け、フランス・ロレーヌ地方にあるバカラ村に誕生したガラス工場にはじまります。1824年にフランスで初めてクリスタルのシャンデリアを制作。1855年のパリ万国博覧会で、巨大な燭台2基と140灯のシャンデリア一基を披露して以来、さまざまなデザイン、スケールのシャンデリアを制作してきました。バカラの創造性が自在に発揮されたそれらの作品は世界で賞賛の的となり、各国の王侯貴族や実業家はこぞって
自邸に、建築家は作品となった建築物に飾りました。それは成功の象徴であり、またあるときには建物や空間に芸術的完成をもたらすものでした。シャンデリアは光の芸術といえるのではないでしょうか。

バカラのシャンデリアには必ず1つだけ「バカラレッド」のクリスタルパーツが付けられている(見つけられるだろうか?)
高さ約 10m、幅約 6m×6m、アルミ使用総重量約 11tのショーケースはコーナー部を除いた部分の色が黒色で、アルミの持つ高級感を維持しつつも、シャンデリアの美しさをよりひきたたせるデザイン
今年は赤・青・ピンク色などのさまざまなカラーにライトアップされるショータイムもある。シャンデリアが幻想的に

「バカラシャンデリア」
◆期 間: 2019年11月2日〜2020年1月13日
◆点灯時間:11:00~24:00
◆場 所: センター広場
◆主 催: サッポロ不動産開発株式会社、バカラ パシフィック株式会社
◆後 援: 在日フランス大使館
◆特別協力: SUS株式会社

恵比寿ガーデンプレイスのセンター広場、シャンデリアの裏側にはバカラによる「シャンパンバー」が期間限定でオープン。芸術的なクリスタルタイルのバーカウンターがゴージャス!

バカラシャンデリアのパーツにもなっているクリスタルタイルで飾られたバーカウンター
フランスを代表するシャンパーニュのグランメゾン「テタンジェ」を提供。ブリュットレゼルブ1杯 1,600円(税込)。
12月13日からはプレステージュロゼ1杯 2,100円(税込)も
シャンパンのグラスはバカラのスタンダードともいえる「バカラ ベガシャンパンフルート」。1995年に発表されて以来、バカラのモダンデザインを代表するシリーズとなっている。光を反射し、星のような煌めきが美しい
五感でバカラを体験できる、世界で唯一の空間に

「Baccarat ETERNAL LIGHTS Champagne Bar with TAITTINGER」
◆期 間: 2019年11月2日~12月25日
◆時 間: 平日16:30〜21:00/土日祝13:00〜21:00
※12月13日からは22:00まで営業(日曜除く)
◆場 所: センター広場

イルミネーション・クリスマスツリー

駅方面からシャンデリアまでのアプローチ(エントランスパビリオン、時計広場、坂道のプロムナード、シャトー広場)も、シャンパンゴールドを基調とした約10万球の光で恵比寿ガーデンプレイス全体をライトアップしています。ただただ歩くだけでもクリスマスムードを楽しめますよ。

温かみのなかに鮮やかでカラフルな装飾を加えた約10mのクリスマスツリーも圧巻です。こちらはクリスマスまでの展示です。

「イルミネーション」
◆期 間: 2019年11月2日〜2020年2月24日
◆点灯時間: 16:00〜24:00

「クリスマスツリー」
◆期 間: 2019年11月2日~12月25日
◆点灯時間: 16:00〜24:00
◆場 所: 時計広場

Christmas Marche

ヨーロッパ各地で開催されるクリスマスマーケットのヒュッテ(山小屋)をイメージした店舗が並ぶマルシェには、ウエスティンホテル東京プロデュースのフードトラック「The Westin Food Truck」のほか、クリスマス雑貨の専門店や大切な人への贈り物選びを楽しめるギフトショップなどイルミネーションを見ながら本場のクリスマスマルシェの雰囲気を感じられる空間になっています。

「Christmas Marche」
◆期 間: 2019年11月2日~12月25日
◆時 間: 12:00~20:00
◆場 所: 時計広場

イルミネーションは各地で見られるけれど、バカラのクリスタルを堪能できるのはここだけ!煌めく光を眺めながら、屋外でシャンパンをいただくという、なんともリッチなひとときを過ごしましょう。うーん、やっぱりここはデートで来たいですよね。

恵⽐寿ガーデンプレイス ウインターイルミネーション2019
「Baccarat ETERNAL LIGHTS-歓びのかたち-」

開催場所:渋⾕区恵⽐寿4-20 
恵比寿ガーデンプレイス センター広場ほか
問い合わせ:03-5423-7111(恵⽐寿ガーデンプレイス・インフォメーション)
※開催期間、時間、場所はイベントにより異なる
アクセス:JR山手線「恵比寿」駅東口徒歩5分、東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅1番出口徒歩
HP: http://gardenplace.jp

[post_title] => Vol.28 世界最大級のバカラシャンデリアが煌めく「恵比寿ガーデンプレイス ウインターイルミネーション2019」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => closed [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-28 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2019-12-12 15:43:10 [post_modified_gmt] => 2019-12-12 06:43:10 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=2121 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [4] => WP_Post Object ( [ID] => 2028 [post_author] => 9 [post_date] => 2019-10-21 13:21:46 [post_date_gmt] => 2019-10-21 04:21:46 [post_content] =>

この十数年、国内外で高く評価されているジャパニーズウイスキー。さらにハイボールブームやテレビドラマの人気を追い風に消費量が急増したため、原酒に限りがあるウイスキーは愛好家だけでなく、一般消費者からも注目を浴びる存在となっています。そのジャパニーズウイスキーの父といわれるニッカウヰスキーの創始者・竹鶴政孝が約85年前に見初め、工場をつくったのがここ「余市蒸溜所」です。今回のいいコト・いいトコは、北海道・余市の美しい自然の中にある蒸溜所をレポートします!

ニッカウヰスキーの原点・「余市蒸溜所」

私がいつも仕事をしている場所で、このコーナーにも何度も登場する“柏”ですが、皆さん、ここにニッカウヰスキーの工場があるのはご存じでしょうか? 柏工場はウイスキー、焼酎、缶チューハイ・カクテルなど、ニッカ最大の総合パッケージング工場です。そういった縁もあって、すでに「余市蒸溜所」は個人的に2回訪れています。

■札幌からJR快速エアポートで小樽まで40分。
■小樽駅で乗り換え。鉄道の時間が合わない場合はバスが便利。
■JR函館本線に乗り換えて20分くらいで余市に着く。
■余市駅からは歩いてすぐ。初めて来た時、この重厚な門を見ただけで感動!

さて、さっそく蒸溜所に入場しましょう。広々とした敷地に赤い屋根の石造りの建物が並んでいます。お城みたいですね。

ここからはウイスキーアンバサダーの金子太郎さんに案内していただきます!ニッカウヰスキーの「余市」のウイスキーができるまで、そして、創始者・竹鶴政孝さんとリタさんの当時の暮らしを振り返る見学ツアーのスタートです。

■アサヒビール株式会社マーケティング本部担当副部長でウイスキーアンバサダーでもある金子さん。蒸溜所のことからウイスキーのことまで、なんでも答えてくれる。

モルトウイスキーの製造過程をたどってみる

ウイスキーといってもさまざまな種類がありますが、ここ「余市蒸溜所」でつくっているのは、大麦の麦芽のみを原料としたウイスキーである“モルトウイスキー”です。モルトウイスキーの原酒の製造工程は、「製麦」「乾燥」「糖化」「醗酵」「蒸留」「貯蔵・熟成」の順になりますが、「余市蒸溜所」では「糖化」以降で、ブレンド・ボトリングは他工場で行います。
まずは「製麦」ですが、原料となる大麦を水に浸して適温を保ち、発芽させます。
発芽したらピート(泥炭・草炭)を焚いて「乾燥」させます。ピートを燃やすと独特の香りが立つのですが、その煙に燻された麦芽はウイスキー特有のスモーキーフレーバーとなるのです。

■乾燥棟(キルン塔)。ここで麦芽を乾燥・燻す。ただし現在、通常は稼働していないが、「マイウイスキーづくり」というウイスキーつくり体験イベントでは実際にここで乾燥させている。この日も9月に使った後だったので、まだ薫香が漂っていた。
■本物のピートを触ることができる。「実はピートは燃やさないと薫香はしないんですよ」と金子さん。嗅いでみたら、確かに土の匂いしかしない。

乾燥したモルトを細かく砕いてから、65℃の温水に入れ、ゆっくりと混ぜ合わせます。そこでモルト内の酵素の働きで甘い麦汁ができるのですが、それを「糖化」といいます。

「糖化」したモルトをろ過して酵母を加え、この大きなタンクで「醗酵」させます。そこで糖分がアルコールに分解されて、この時点でアルコール分7~8%の醗酵液(もろみ)になります。

■「醗酵」のタンクは見学ツアーでも見ることができる。この時点ではまだビールのよう。
■正面のノッポの塔は「給水塔」、右の大きな建物はボトリング場(今は稼働していない)、左の建物が糖化・醗酵を行うところ。通常はこのエリアは立ち入り禁止。今回、特別に入れていただいた。

さて、いよいよこの「余市蒸溜所」の最大の特徴である「石炭直火蒸溜」の工程です。
醗酵液(もろみ)を加熱してアルコール分と香味成分を抽出するのですが、それに使うのがポットスチルという蒸溜器です。竹鶴政孝は「余市蒸溜所」をつくるにあたり、初めての実習先であるスコットランドのロングモーン蒸溜所の方式にならい、この「石炭直火蒸溜」方式を採用しました。
「適切な火力を保ちながら石炭をくべるには熟練の職人の技が必要になります。もう今では世界でも珍しい蒸溜方法となってしまっていて、これをやっているのは本家のスコットランドでも無いかもしれません」と金子さん。

■左から2番目が一号蒸溜器。現在は使用していない。
■定期的に石炭をくべる様子はまさに職人技!見学ツアーでも一番盛り上がるのがここ。

蒸溜器や貯蔵庫の入口にかかるしめ縄は、金子さんによると「余市蒸溜所は余市神社、宮城峡は諏訪神社でご祈祷していただきます。しめ縄に下がっている紙垂(しで)は吉田流だそうです」とのこと。スコットランドを見習った釜に日本ならではの風習を取り入れるところに、造り酒屋をルーツにもつ竹鶴さんならではのこだわりを感じました。

「余市蒸溜所」での最後の工程「貯蔵・熟成」。平屋造りの貯蔵庫に、アルコール分を63%程度に調整した蒸溜液を詰めた樽をねかせます。ホワイトオークを使った新樽から、シェリーやバーボンを入れていた樽などを使い、貯蔵することでさまざまな香りや色の個性豊かな原酒ができます。

「ここの貯蔵庫の特徴は平屋であることです。土間の方が熟成にいいということで、土間の造りになっていて、2、3段までしか積みません。逆に宮城峡ではラック式といって高い棚もあります。樽を置く位置によって熟成の加減が違ってくるのですが、むしろその差があることで原酒の味や香りが異なり、ブレンドする時にその違いが生きてきます」。なるほど、ウイスキーってホントに面白いですね。

■ウイスキーのラベルに表記されている年数は、ブレンドされた原酒の中で最も熟成年数が短い樽の年数。例えば17年と表記されていたら、ブレンドされている一番若い原酒が17年モノということ。商品として出荷されるまでに長い時間をかけてここで育てられている。

緑ひろがる敷地に点々と建つ貯蔵庫が絵になる蒸溜所ですが、金子さんからこんな話が…
「この貯蔵庫1~3号が建っているところは実は昔は沼に囲まれた島だったんです。当時は橋を渡って貯蔵庫まで行っていたのです」。
なんと!ここが沼だったとは!
「余市はもともとニシン漁が盛んだったため、余市の街はニッカができる前からあって鉄道もすでに通っていました。
私はニッカができたので鉄道が引かれたのかと思っていたので、その事実にも驚きでした。

■見学ができる1号貯蔵庫の壁面は「札幌軟石」という石造り。この付近は石も豊富に採れたとのこと。内部は木造。

マッサン&リタの暮らしを偲ばせる施設の数々

蒸溜所内には工場の他に事務所として使っている建物や、住居だったものを保存・公開していて、竹鶴さんの暮らしぶりを垣間見ることができます。まず、訪れる人が写真を撮るのが「リタハウス」でしょう。

「リタハウスって書いてあるので、リタさんが住んでいたと思われるのですが、住んではいません(笑)研究所として使っていたことがあるんですが、以前はティールームとして公開して、ここで紅茶とスコーンを楽しんでもらうことができました。現在は老朽化してしまって、立ち入り禁止です」。それは残念!

■こちらが竹鶴さん一家が住んでいた住居。別のところから移築したもので、一部公開している。私たちは特別に非公開のところを見せていただいたが、画像は非公開なのですみません!
■右側の緑の屋根が旧事務所。このように、赤い屋根が工場で、緑の屋根が住居や事務所などと分けられている。
■スタッフによっていつも整えられている敷地内は、どこを見ても美しい。

蒸溜所の外にある、竹鶴さんゆかりのスポット

さて、ちょっと一休み…の前に、蒸溜所を出て、竹鶴さんゆかりの場所を金子さんに案内していただきました。

まずは竹鶴さんがスコットランドの原風景と似ていて、ウイスキーをつくるならここだ!と決心した、あの余市川です(雪の余市川でエリーさんが歌うシーンはここです)。

■ちょうど鮭が遡上してきているところを見ることができた。鮎(あゆ)の最北限の川でもある。
■次に向かったのは竹鶴さんの住居があった場所。そこには蔵だけが残されている。重くて移築するには大変だったため、これだけが取り残されているのだとか。知らないと完全にみのがしてしまう場所。
■1941年に竹鶴が余市高校の裏山につくったジャンプ台「竹鶴シャンツェ」。ニッカウヰスキーの社員であった笠谷幸生選手(札幌オリンピックで金メダルを獲った)を輩出した。余市はジャンプ競技の盛んな町だ。
■ニッカが新しくつくっているヴィンヤード。温暖化のおかげで、ピノノワールなどのワイン用の葡萄が良く育つようになった。まだ葡萄の苗を生育中だが、2023年にはワイン製造を目指している。ちなみに、余市はリンゴや葡萄など、果物の産地としても知られている。この日も畑にリンゴがたわわに実っていた。

お楽しみ!試飲コーナー&BAR

外から戻ったら、いよいよ蒸溜所の目玉ともいえる…試飲コーナーに。試飲カードに名前や年齢を記入して、それと引き換えに「シングルモルト余市」「スーパーニッカ」「アップルワイン」の3種類のお酒がいただけます。

■レンガの建物の2階が試飲コーナー。1階はレストラン。隣の建物は売店。

限定酒を飲みたい!という方は「ウイスキー博物館」の中にあるBAR「ウイスキー倶楽部」へ。

なんと、かなりちゃんとしたBAR(有料試飲)があるんです!
ここでしか飲めないという「シングルカスク余市10年」をいただきました。

気持ちが焦るあまり、順番が前後してしまいましたが、「ウイスキー博物館」では、ウイスキーについての歴史や製造工程を学ぶことができます(竹鶴政孝リタの物語や、スコットランドで学んだ際の資料などが展示されている「ニッカ館」は2019年11月現在工事中)。

■過去に製造されたレアな瓶なども展示されている。

製造工程では宮城峡にあるグレーンウイスキーをつくる「カフェ式連続式蒸溜機」の模型も展示されています。1830年にイーニアス・カフェが連続式蒸溜機を改良してつくった「カフェ式連続式蒸溜機」がニッカウヰスキーに導入されたのは1962年のことですが、この模型の横にはすてきなエピソードが…。
導入の資金繰りに困難を極めていたところ、数十億を投資して「カフェ式連続式蒸溜機」導入に協力してくれたのが、竹鶴政孝とは摂津酒造時代からの友人で、ウイスキーづくりに深い理解を示してくれていた、初代アサヒビール社長山本為三郎氏だったのだそう。
それが今のアサヒビールとニッカウヰスキーの関係につながっているとわかって、ものすごく納得したのでした。

■博物館の入口には樽に囲まれてポットスチルが展示。

ウイスキーラバーなら絶対行くべし!感動保証します

ここのところ札幌に来るたびにここに来ているのですが、何度来ても飽きません。ほんと、良いところです。札幌からは1時間強で来られますし、来る途中の車窓からは海が見えます。今回は小樽に泊まったので小樽観光もできました。

■正門の上にある貴賓室(非公開)の窓から。

広々とした海やのどかな余市の風景を見ていると、90年も前にスコットランドからはるばる日本にお嫁に来て、さらに誰も知る人のいないこの北の大地に移り住んだリタさんの心境を考えると、なんだか胸がキュンとなります。冬の雪景色はなおさらではないかと思います。
ウイスキーを愛する人はもちろんですが、マッサンのドラマで竹鶴夫妻の存在を知った人も、ぜひ「余市蒸溜所」を訪れていただきたいと思います。私は…次は宮城峡かな(笑)

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」      
住所:北海道余市郡余市町黒川町7-6
TEL:0135-23-3131
営業時間:9:00〜17:00
休業日:12月25日~1月7日
アクセス:JR余市駅から徒歩約2~3分
HP : https://www.nikka.com/distilleries/yoichi/

[post_title] => いいコト・いいトコ《其の六》 ジャパニーズウイスキーの父・竹鶴政孝が見初めた理想郷「余市蒸溜所」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => open [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => s6 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2019-10-21 17:28:24 [post_modified_gmt] => 2019-10-21 08:28:24 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=2028 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [5] => WP_Post Object ( [ID] => 2000 [post_author] => 9 [post_date] => 2019-08-08 12:40:45 [post_date_gmt] => 2019-08-08 03:40:45 [post_content] =>

「角打ち(かくうち)」ってご存じでしょうか?酒屋さんの店頭で四角い升でお酒を飲むこと(升から飲む時、角に口をつけて飲みますよね)が語源と言われていて、お酒の販売をメインとしている店の一角で立ち飲みをすること(またはそれができる施設)が、「角打ち」なのだそうです。しかも角打ちって下町の商店街の酒屋さんのイメージが強いですが、なんと、家電量販店の中の大規模酒販コーナーでそれができるところがあるんです!今回はその話題の角打ち「ビック酒販 新宿西口店」をレポートしてきました。

正々堂々、朝から飲める大規模酒販の角打ちコーナー

昼夜問わず多くの人で賑わっている新宿。最近は外国からの観光客にも人気のスポットで、歩いていると、日本語よりも外国語の会話が耳に飛び込んでくる、実にインターナショナルな街です。新宿西口を出てすぐ、小田急ハルク内の「ビックカメラ」の2階の一角が2019年2月より酒販コーナーにリニューアル。同時に、店内で販売している商品がその場で飲めて、有料試飲ができる「試飲カウンター」がオープンしました。

ビックカメラ新宿西口店の2階。駅や西口高層ビル街方面からはペデストリアンデッキからのアプローチが便利
入口を入るとすぐに「試飲カウンター」が見える

取材に伺った時間は午後3時。いわゆるお茶の時間ですが、すでにカウンターは半分以上が埋まっていました。しかも女性が多い!ある程度女性が多いことは予想していましたが、お子さん連れの方もいてお酒を飲む場所としては明るい雰囲気です。

カウンター15席に立ち飲みテーブルが6台。各席には荷物かごも設置。店内ながら意外と周りが気にならない

「新宿西口という場所柄、平日はお仕事帰りの方が男女とも多いですが、休日午前中は『ここで一杯飲んでからランチ会に行きます』と、0次会利用される女性も結構いらっしゃいます。このコーナーができたおかげで、あまり家電量販店に縁がなかったという女性にも気軽に来ていただけるようになったことが嬉しいですね」とビック酒販新宿西口店の大宮友紀店長。
ビックカメラ内の酒販コーナー「ビック酒販」で、店内の商品がその場で飲める、いわゆる「角打ち」ができる「試飲カウンター」があるのは、2012年に第一号としてできた新宿東口「ビックロ」に続いて、赤坂、町田、そしてこの新宿西口店の現在4店舗。新宿西口店は店内リニューアルがあった今年、酒販コーナーができて「試飲カウンター」が設置されました。

「わからないことがあったらなんでも聞いてください!」と店長の大宮さん。黒のエプロンと腕章がお酒の案内が説明できるスタッフの目印

「試飲カウンター」はどんな風に利用できるの?

人気の「試飲カウンター」ですが、利用するにあたって、何かルールがあるのでしょうか?

■一人3杯まで(イベント時は除く)
■店内購入のワインや日本酒などのボトル持ち込みは1グループ1本750mlまで
※ウイスキーやスピリッツなどのアルコール度数の高い商品を除く
■30分まで

これらは、安いからと大量にお酒を飲んで酔っ払って他の人に絡む人や、長時間席を独占する人がいないように…利用する人みんなが楽しくお酒を飲むためのルールです。明るく開放的な店内で、さらにこうしたルールが設けられていることが、女性客やお酒初心者の集客にもつながっているのですね。

店内で購入したボトルを開ける時のルールはわかりました。では、「1杯だけでいいので試しに飲んでみたい」という場合はどうしたらいいのでしょう?

「こちらのメニューにあるものは1杯からでもお飲みいただけます。ウイスキーなら1杯30mlで100円から700円くらいまで。例えばシーバスリーガル18年が300円です。ワインは1杯60mlで、100円から1000円の間。店内で販売しているボトル価格も記載していますので、試飲して気に入ったら後で購入して行かれる方も多いです」と大宮さん。また、おすすめは入荷状況によって内容が変わる「日本酒飲みくらべセット(各30ml×3種類)1000円」や「ウイスキー テイスティングセット(各15ml×3種類)1000円」。それぞれ内容を見てみると、1000円で3杯はとってもお得!
また、ウイスキー好きとしては気になるのが「山崎テイスティングセット(シングルモルト・12年・18年 各15ml)2000円 ※お一人様1セット、なくなり次第終了」というもの。最近なかなかお目にかかれないジャパニーズウイスキーがこの価格でいいんですか!?

ちょっとお高めの商品が、1杯だけ安く味見できるのはありがたい。この「試飲カウンター」での利益は考えていないとのことだ

「贈り物を選ぶ時に、どういう味なのかを知りたい、あるいはいろいろなお酒の味を知りたいが、1本を自分のために購入するには高価すぎて買えないという方には、ぜひ試飲をおすすめしています」と大宮さん。その考え方は、実は家電購入時と同じだと言います。「家電も高価なものが多いですが、家電を買う時は店内で試すことができると安心ですし、実際に動かしてみたものの方が購入につながっています。それなら、お酒も同じじゃないか?“体験・体感”することで、商品を買うことへのハードルが下がるのではないかと考えたんです」。なるほど、確かに自分用にはなかなか手が出ないお酒でも、味も知らずに贈るよりは、きっと相手にも気に入ってもらえると確信を持てたものを贈った方が喜ばれますよね。

さあ、さっそく店内で角打ち体験してみよう!

では、カウンターで試飲してみます!今回は少量の仕入れで4種類のビールを提供できる「タップ・マルシェ」で、グランドキリンJPL、グランドキリンIPA、YONAYONA ALE の3種類を飲みくらべ。100ml×3で450円なので、気軽にいろんな味が楽しめると人気があります。

説明シートの上に乗せて提供されるので、飲みながらそのビールについて学べる。このシートは店のスタッフが考えて作っている
気に入ったら330ml(缶と同じ量)で飲みたい。「あわぢビール」など、ちょっと珍しいものが充実
こんなふうにその場で入れてもらえる
おいしい水や炭酸水は「こうして作っています」とビックカメラで取り扱っている浄水器やソーダメーカーで作っているものが飲める
「微炭酸にも強炭酸にもなります」目の前でソーダを作ってもらった

実は「試飲カウンター」では、飲みながら無意識に家電製品を体験していることになります。よく見ると、おつまみをあたためる電子レンジやコーヒーメーカー、冷蔵庫、ワインセラーまで、しかも値札もついています。
「カウンター内で使っている器具はすべて店舗で商品として取り扱っているものです。このように飲食にかかわる家電は、通常の売り場ではなかなか落ち着いてお試しいただけないものなのですが、『試飲カウンター』では実際に使うシチュエーションでリアルに体験して商品の良さを体感していただくことができます。宣伝効果だけではなく、お客様にとっても、納得して購入できるという良さがあります」。
確かに、目の前で使っているのを見ると欲しくなっちゃいますね。

酒販コーナーはまるでモデルルームのよう

酒販コーナーの中心にある「試飲カウンター」に座って見渡すと、周りはお酒とおつまみがズラリ!よく見るとそこにはお酒やおつまみだけでなく、家電や雑貨などお酒に関係のある家電などを一緒に紹介することで、「ああ、こういう風に使えばいいんだ」など“気づき”を与える効果があるようです。スタッフさんのアイデアがいっぱいで見て歩くだけでも面白く、まるで住宅のモデルルームにいるような感じ。

日本酒の近くには、お酒に合う食べ物を作る機器やお酒を使った料理の提案がされている
冷蔵庫にはビールや酎ハイが入っていて、本当に冷やしている
冷凍庫にはウイスキーと、ロックに使う丸氷が…
レストランやバーの店舗経営者向けの商品も
ワイン売り場にはソムリエの動画が見られるQRコードで、チェキの有効な使い方を飲食店用に提案
商品のワインが保管されているワインセラーにも入れる
割り材の近くにはスマートスピーカーが。カクテルの作り方をフリーハンズで調べることができるという提案

家電量販店を日常的に行く場所に

いわゆる酒屋さんの「角打ち」とどう違うのだろう?なんで家電量販店がお酒なんだとう?という疑問を持っていましたが、体験してみて納得です。お酒を売るためというのはもちろんですが、実は本業の家電にすべてがつながっているのですね。
「家電は毎日買うものではありませんよね。ですが、お酒は少量でも、毎日飲むことはあります。お酒を飲む、あるいは買うことでビックカメラに常日頃通ってもらい、お客様の日常の一つに加えていただきたい、という想いが『試飲カウンター』に込められています。お酒は重いから新宿からは買って帰れない、という方には配送サービスもございますので、ご安心ください」と大宮さん。うーん、ビックカメラ、すごいです(笑)

この「試飲カウンター」、私が普段よく利用している柏のビック酒販にも作って欲しい!そしたらウイスキー好きを何人か連れて行っちゃうのに…。新宿西口店も、やっぱりウイスキー好きに教えてあげたいですね。

「ビック酒販 新宿西口店」
住所:東京都新宿区西新宿1-5-1 新宿西口ハルク 2F 
電話番号:03-5326-1111
営業時間:10:00~21:00
定休日:無休
アクセス: JR・小田急線・京王線・東京メトロ新宿駅西口下車B16出口すぐ
HP:https://www.biccamera.com/bc/i/shop/shoplist/shop016.jsp

[post_title] => Vol.27 憧れのあのお酒を家電量販店で朝から角打ち!?「ビック酒販 新宿西口店」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => open [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-27 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2019-08-08 13:35:57 [post_modified_gmt] => 2019-08-08 04:35:57 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=2000 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [6] => WP_Post Object ( [ID] => 1941 [post_author] => 9 [post_date] => 2019-07-04 15:44:36 [post_date_gmt] => 2019-07-04 06:44:36 [post_content] =>

仕事帰りに一杯、自宅近くで軽く一杯、立ち呑みできる店がいい、という声をよく聞きます。軽く飲むけどアテはおいしい方がいい!という、わがままな皆さまの希望を叶える立ち呑み屋が柏にできました。昼は鮮魚店、夜は立呑み屋という2つの顔を持つ店「羽田市場 柏直売店」をご紹介します。

昼間は「いらっしゃい、いらっしゃい!」と威勢のいい鮮魚店

柏駅東口から徒歩で5分程、柏神社のすぐ近くの交差点の角地ですが、そこに長年あったうどん屋さんが閉店して、「いったい次は何になるんだろう?」と通る人々が気になっていたはず。できあがっていくにつれて、「あれ?飲食店にはならないの?」「えっ、なぜ魚屋さん!!?」と謎が謎を呼んでいました。そして、今年(2019年)の4月13日に開店。そこには「羽田市場」と書かれた大きな暖簾がかかっていました。

■昼間は尾頭付きの魚が並ぶ、鮮魚店
■ちなみに夜の姿はこんな感じ。大きな暖簾で夜バージョンに様変わり
■昼の鮮魚店のショーケース。珍しい魚がズラリと並ぶ。しかも大きなサイズ
■おなじみの魚たちもなんだかとても活きがよさそうで、ついついたくさん買いたくなる
■海産物加工品も多数扱っている

数々のTVや雑誌で取り上げられている「羽田市場」。きっと何かで目に留まった方もいるのではないでしょうか?
「『羽田市場』とは、全国各地の漁協や漁師さんたちから空輸で届いた、その日の朝に獲れた海産物を羽田空港の中で仕分けして顧客の元に届けるという、スピード感あふれるサービスを提供している会社です。今回オープンした柏直売店は、『羽田市場』のフランチャイズ第1号店となります!」と代表取締役の風澤俊之さん。柏直売店はフランチャイズ第1号店というだけでなく、昼は魚屋、夜は立呑み屋というシステムは、直営店でもやったことがない斬新な形なのだそうです。

「羽田市場」のシステムにオーナーの工夫がプラスされた画期的な経営

風澤さんの経営する「株式会社フーサワ」は柏駅東口で商売を始めて100年、飲食業に転業してから40余年という、柏では誰もが知っていると言っていいほどの老舗。では、なぜ「羽田市場」という新しい形を選んだのか風澤さんに伺いました。

代表取締役の風澤俊之さん

「この『羽田市場』の独自システムにはいくつもの良い点があります。1つ目は通常、空港から荷物を外に出すには手続きなどがあるため、2~3時間はかかってしまうのですが、『羽田市場』は空港内に作業場があるため、空港外に出す過程を省き運搬にかかる時間が短縮できるのです。ですので、非常に鮮度が高い状態でお客様の手元に届けることができます。2つ目は、漁師さんや漁協と直に取引をするため“どの海域で誰がその魚を獲ったのか”という、トレーサビリティという観念から、消費者からの信用を得ることができること。3つ目は、漁師さんたちは直に取引をしているため手取り分が多くなり、引き続き漁業を継続していただくお手伝いができるという点です」。さらに風澤さんの目を引いたのは、直営の銀座店が鮮魚店を始めたというテレビのドキュメント番組なのだとか。

「『羽田市場』の社長さんとはすでに一度お会いしてはいたのですが、映像で初めてどんなビジネスモデルか分かりました。これだ!と思ってすぐに連絡をしました(笑)」と風澤さん。もともと、自社物件で鮮魚店をやろうと計画していたそうですが、鮮魚店は路面店の方が集客力があると考え、十字路に面した場所に「羽田市場 柏直売店」を開店することにしたのだそうです。

そして、“多店舗経営のため、全店で食材シェアができる”という「フーサワ」ならではの強みが、未知の業界へのチャレンジを後押ししました。

「弊社の飲食店舗が徒歩圏内に4店舗ありますので、そこでその日のうちに仕入れた魚介類を無駄なく消費することができます。食材の鮮度落ちによるロスをなくせることは非常に大きなメリットですね」。なるほど、ただただ立ち呑み居酒屋が業界のトレンドだから…というだけではないのですね。

■店舗の裏側には持ち帰り寿司店があり、テイクアウトにも対応。立呑みタイムには値下げして販売しているので、店内で食べることも可能

さあ、皆さんお待ちかね!18時からは立呑み居酒屋にチェンジ!

18時前になると、店内のショーケースがみるみるうちにテーブルに…。あっという間に変身した店内と、外の暖簾をかけ替えると、立呑み居酒屋のできあがりです。

■昼は陳列物が良く見えるように短い暖簾で、夜はお客様が丸見えにならず、さらに外からチラ見えできる程度の長さに
■とりあえずビールで乾杯!
■メニューに赤字で書かれているのが定番の人気メニュー。まずは「海鮮ポテトサラダ」から
■1尾を2人で半身ずつ食べても満足できるほど、ふっくらとした身がサクッと揚がった「アジフライ」
■銀座有名寿司職人監修ゴマダレを使った「本日のごまあえ」。近いうちにこのどんぶりがテイクアウトできるようになるかも
■私の大大好物!!「本日のなめろう」今日はアジ。これ日本酒が進んでしまう!
■なんと贅沢な海鮮巻き!
■やはりこれは外せない「本日のお造り5点盛り合わせ)ホウボウ、フエフキダイの昆布〆、金目鯛、サゴシの炙り
■実は食器や調理器具のほとんどは前のうどん店で使っていたもの。そういう細かいが料理の品質は落とさずにできるコストダウンが、お財布にやさしい料理の提供にもつながっている
■お酒の種類も豊富。特に日本酒は日本各地の銘酒をリーズナブルに飲むことができる

社員一同、志を同じくして、めざせ売り上げUP!

「羽田市場 柏直売店」のスタッフはほぼみなさん(アルバイトではなく)社員ということにも驚きました。鮮魚をさばく人、厨房の板前さん、フロアと会計担当の女性スタッフさん、そして店長さん、オーナーの風澤さんまで、一丸となって良い店に成長させることを目指しています。「いらっしゃい!」「何にしましょう?」と店内のあちこちから聞こえてくる威勢の良い声かけは、まさにそんな気持ちの現れ。そんな雰囲気もリピーターを増やしているのだと思いました。

仕事帰りに一人で一杯もいいですが、私のおすすめはサッカー観戦後。帰りの電車をチェックしたら、さっと暖簾をくぐるだけ。祝勝会や反省会をしたらかなり盛り上がりますよ!

「羽田市場 柏直売店」
住所:千葉県柏市柏3-6-30
電話番号:04-7163-8718
営業時間:10:00~18:00、18:00~22:00(L.O.)
定休日:火曜
アクセス:常磐線「柏駅」徒歩5分
HP:http://fuhsawa.com/hanedaichiba

[post_title] => Vol.26 昼は鮮魚店、夜は立呑み居酒屋の二毛作「羽田市場 柏直売店」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => open [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-26 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2019-07-04 16:22:32 [post_modified_gmt] => 2019-07-04 07:22:32 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=1941 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [7] => WP_Post Object ( [ID] => 1908 [post_author] => 9 [post_date] => 2019-06-03 11:22:55 [post_date_gmt] => 2019-06-03 02:22:55 [post_content] =>

もう夏になってしまったのかと思うほど暑い日が続くと、食べたくなるのがスパイシーで酸味が効いたエスニック料理。激しい気温の変動についていけない身体をキリリと目覚めさせてくれる気がしませんか? 今回はちょっとのどかな東武野田線初石駅近くのベトナム・タイ料理の店「チョロン流山」をご紹介します。

静かなベッドタウンに現れた可愛いお店

柏から大宮方面に向かって3駅目、初石駅周辺は緑に囲まれた住宅地です。その初石駅から1分ほど歩いたところに「チョロン流山」はあります。開店は2017年11月という比較的新しいお店ですが、すでに地元のファンも多く、また、わざわざ電車に乗ってくる人もいるのだとか。その人気の秘密を探ってみましょう。

■手作り感あふれる雰囲気が可愛い外観。引き戸を開ける時に少しドキドキ!
■ドアを開けると左にカウンター、正面にはカラフルな食器が並ぶ棚と大きな黒板が
■イメージカラーの赤が印象的な店内。内装はほとんど自分たちや家族の手で行い、大きな改修工事はせずにテーブルや椅子、カウンター、照明機器は居抜きで譲り受けまま使っているのだとか
■赤一色に塗られた壁が店全体のアクセントに。小上がりの畳やテーブルは実は前の店で使っていたもの。座布団の布とテーブルクロスなど開店直前に行ったベトナムの旅で購入してきた小物がうまく雰囲気を作っている
■道路側の壁には蓮の花が大胆に描かれている。文字のところはベトナム人のお客さんに文章を考えてもらったのを書いた

店の運営は姉妹の「あ・うん」の呼吸で成り立つ

「チョロン流山」はオーナーであるお姉さんの池田優子さんと、オーナーシェフである妹さんの谷口由佳さんの二人姉妹で運営しています。
「無謀にも店の経営なんて何も知らないのに、お店を持とう!って言いだしたのは私なんです」と優子さん。当時、西麻布の人気エスニック料理店のシェフだった由佳さんの料理を、知人など多くの人に食べてもらいたいと思ったことがきっかけだったとか。「でも、西麻布だとなかなか行けないし、じゃあ、自分の家の近くで店を持てばみんなに来てもらえるじゃない?という勢いでした。それが7月で開店が11月でしたから、何も知らないって怖いですね(笑)」。

シェフの由佳さんはエステシャンからフードコーディネーターを経て本格的に料理人になったという異色の経歴の持ち主。「西麻布で働いていた時、休みの日でも食べに行くのはタイやベトナムの料理で、自分の腕で自信がない部分を他の店に食べに行って補っていました。でも、ある日ふと気がついたんです。食べたいから食べてるんだ、そうだ私、エスニック料理大好きなんだ!って」。
そんな由佳さんの腕前を優子さんは「想像以上の実力だった!」と評価します。もともと信用はしていたけど、それ以上の腕を持っていたと。そういう姉に対して由佳さんも「フロアでのテキパキした動きはものすごいです。私も姉の実力には驚きました」と語ります。この姉妹のゆるぎない信頼関係が「チョロン流山」の魅力なのではと思いました。

日本人向けにカスタマイズされたタイ・ベトナム料理

「チョロン流山」の料理は本格エスニックでありながら、日本人の舌に合わせて作られています。
「本場の方たちは、食べる直前にスパイスを自分の好みに調整しながら食べるので、口に入れた時に100%になればいいんです。でも、一般的な日本人はエスニック料理にまだ馴染みが薄いので、うちの料理はお皿に盛られた時点で100%の味になっているようにしています」。
辛いのかな?と探り探り食べる方も多いかもしれませんが、実は由佳さん、あまり辛いのは得意ではないようで、辛みが苦手な方向けの味をデフォルトとして辛さ調整ができます。
さあ、「チョロン流山」のイチオシメニューをご紹介しましょう。

■ランチ限定「カオマンガイ(蒸し鶏ご飯)」。甘辛いタレと生姜みその酸味の効いた2種類のソースが個性的
■ランチ限定「牛肉のバインミー(ベトナムバゲットサンド)」。このバゲットは地元の小倉ベーカリーが試行錯誤の上、メニュー専用に開発したもの。粗めの生地が軽い食感を生み出している。甘辛い味付けの牛肉もクセになる味。これを目当てに来店する方も
■「グリーンカレー」はランチでもグランドメニューでも人気の一品。濃厚なココナツミルクに後から爽やかな辛みがくる。マイルドなので辛いのが苦手でも大丈夫
■「トムヤムクンフォー」は夏に向かってのイチオシメニュー。辛みは0~5レベルで調整可能。パクチーマニアは追いパクも!
■タイ・ベトナムのアルコールドリンクも豊富。タイビールの他、ベトナム焼酎やジャスミン焼酎、桂花陳酒なども揃っている
■「ベトナムコーヒー」。バターでローストした薫り高い豆を濃いめに淹れて、甘いコンデンスミルクで味わうのがベトナムのコーヒー。食事の最後はこれでしめたい

赤いテーブルクロスに映えるカラフルな食器。「チョロン流山」らしいこの器たちはどうやって選んでいるのでしょう?

「実は食器の多くは開店直前に行ったベトナム旅行で仕入れてきたものです。現地の屋台などで使われているのはこんな感じの…日本だと昭和レトロな可愛いもの。おばあちゃんの家にあるような懐かしい雰囲気ですね」と優子さん。実はお二人は、他にお兄さんと真ん中の妹さんもいる仲良し4人兄弟なのだとか。そんなあたたかい家庭の空気感がこのお店には漂っています。

人生を楽しめる何かを発信していきたい

「開店前は自分たちと同じ世代の女性が多いかなと思っていたのですが、お店を始めてみたら、近隣にお住まいの年配のご夫婦からお子さん連れファミリーの方が多くて驚いています。遠くからうちを目指してきてくださる方も増えてきました」。
そんなお二人ですが、これからももっと楽しく、面白く生きることが目標だそうです。そのためには、今後は、女性の体調の悩みなどを軽減する料理のメニューなどを考えて、料理教室を開催するなど、みんなで日々、心身の健康を考えていければ…と、「チョロン流山」はさらに面白いお店になっていきそうです。

そうと聞いたらやっぱり女子会をするしかないでしょう!可愛い器に盛られた色とりどりのお料理を囲んで盛り上がりたいですね。

「チョロン流山」
住所:千葉県流山市西初石3-103-11
電話番号:04-7189-7083
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)、18:00~22:30(L.O. 21:30)
※火曜はディナータイムのみ営業
定休日:月曜
アクセス: 東武野田線「初石駅」より徒歩1分
HP:https://cholon310311.jimdo.com/

[post_title] => Vol.25 仲良し姉妹のレトロ可愛いベトナム・タイ料理店「チョロン流山」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => closed [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-25 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2019-06-03 11:43:46 [post_modified_gmt] => 2019-06-03 02:43:46 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=1908 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [8] => WP_Post Object ( [ID] => 1867 [post_author] => 9 [post_date] => 2019-05-28 17:57:42 [post_date_gmt] => 2019-05-28 08:57:42 [post_content] =>

今回のいいコト・いいトコは、3月30日(土)に柏の葉ゲートスクエアとららぽーと柏の葉会場にて開催された「柏の葉パン&ビアフェスタ2019『パンの時間』」をレポートしてきました! 昨年に引き続き、多くの人で賑わうフェスの様子をお伝えします。

3月末だというのにちょっと肌寒い日でしたが、朝10時の柏の葉ゲートスクエアにはパンがお目当ての人でいっぱい!どのブースの前にも行列ができていました。今回の「柏の葉パン&ビアフェスタ2019『パンの時間』」は三井ガーデンホテル前の柏の葉ゲートスクエアとららぽーと柏の葉 本館2階、そして柏の葉T-SITEでも同時開催という、昨年よりも大規模なフェスとなっていて、各会場を巡るスタンプラリーも開催されていました。

■人気のスタンプラリー。みなさんコンプリートできたでしょうか?
■お店が開くのも待ちきれない人がたくさん!

お昼前だし…やっぱりパンフェスから!

ゲートスクエア会場のパンフェスタ出展店舗は以下のとおり。

流山からは十太夫の【Kushino no Panya】。
松戸からは馬橋の【パン・ド・ヒロ】。
印西市からアレルギーフリーのベーグル店【KomMizlb】.
ハワイで人気の【マサラダドーナツLUANA】

柏市内からは、大塚町のパンの移動販売「【エンゼル】」、新柏の【ブーランジェリークーロンヌ】、伊勢原【石焼きピザと野菜のお店 ひるふぁーむ】、根戸【ココスコーン】、豊四季の【おやつパン3】。

そして今回初出店は以下3店舗です。
松戸市稔台のカステラ専門店【ユビキタス・ペリー】、印西市小林のベーグルと焼き菓子の店【Kommizib】、柏市あけぼのの昨年オープンしたばかりの新しいパン屋さん【ブーランジェリープルラール】。

パンのお供に中央の【珈琲工房 豆壱】も。

地域の人気ベーカリーや専門店がズラリと並び、皆さん、まずはお目当ての店に並んでパンやお菓子をGETされているようでした。

実は昨年、オープン30分程度でパンが売り切れてしまったということから、おそらく今年は多めに商品を用意してきたとみられる各店舗。そう簡単に品切れにしてがっかりさせない!という気合が感じられました。そのためか、お客さんも途切れずにずーっと人がいっぱい!

■今回、私は初出店の「プルラール」さんで、キューブ型のあんことクリームチーズパンと、アップルパイを購入。お昼とおやつとお土産にしました! 「ユビキタスペリー」さんの3色のカステラも買ったのですが、お土産であげてしまったため、お味見できず(笑)

午後からは大人の時間!充実のビールブース

やや肌寒く、ビールにはあいにくの天気でしたが、それでもビール好きは外飲みが大好き!「さて、どこから攻めようか?」と作戦を練りながらブースを覗きこむ大人が増えてきました。

今回の出店者は初参加のニュージーランドブース【Kia Ora!! New Zealand】と、北総エリアに暮らす市民の有志による、ちばのおいしい食を集めたブース【ちばクラフト青空ビアガーデン】。

■【ちばクラフト青空ビアガーデン】は千葉県内のクラフトビールの地ビールの醸造家、地元のシェフ、食材の生産者という、3つの作り手の協力を得て、ちばのおいしい食が大集合! 北総エリアに暮らす市民の有志が集った団体です。
■【Kia Ora!! New Zealand】 今回初参加のニュージーランドブースKia Ora!! New Zealand さん(Kia Oraはマオリ語で「こんにちは」という意味だそうです)は、老舗ブランドTui(トゥイ) Beerをボトル販売していました。ビンからグイッとNZスタイルでかっこよく飲んでる方も。ニュージーランドのワイナリーのなかでも超有名な「ヴィラマリア」から人気の白ワイン、ソーヴィニヨン・ブランやロゼ、ボルドー、スパークリングも揃っていました。 また、ここ柏の葉でラグビーワールドカップの事前キャンプを行う世界最強軍団 ニュージーランド代表 ALL BLACKSのオフィシャルライセンスグッズも販売していました。カッコイイ!!

前回に引き続き参加の地元・柏市内のビアパブ・小売店【クラスター】、【マルシェバトン】、【マスヤ酒店】、【柏ビール】4店舗でした。
では、各店舗を周ってみましょう。

■【マスヤ酒店】 普段は日本酒のイメージがあるマスヤさんですが、昨年に引き続き清酒酵母仕込みの「酒蔵が造るクラフトビール」の他、今回はアサヒビールさんとタッグを組み、「浅草」「守谷」というTX沿線に二つの拠点を持つ「隅田川ブルーイング」を販売。赤い色が印象的なチェリーの甘酸っぱい味と香りを再現したフルーツビア「チェリールージュ」が人気でした。

■【柏ビール】
柏生まれ柏育ちのクラフトビール醸造所の柏ビール。今回一番のオススメは、日本地ビール協会主催のジャパン・グレートビア・アワードで金賞を受賞した「柏はじめIPA」。麦芽のうま味と、4種類のホップをブレンドした深みのある香りが特徴のとても芳醇なビールです。その他、柏産(そのべ農園)のイチゴを使った「そのべイチゴエール」も女性に人気がありました。

■【マルシェバトン】 柏駅東口でお馴染みのマルシェバトンさん、今年は自由と快楽をテーマにしている、栃木県の「うしとらブルワリー」から6tap、17類のビールをズラリと揃えました。定番商品がなく、毎回新しいビールを造るという、バラエティ溢れる、ちょっと面白いブルワリーです。注目は、季節柄「花見でいっぱい」とBREWDOGとのコラボビール「King Gidora Tripel IPA」ということでしたが、私は4種類飲み比べセットを!
2.Hop Hash Session IPA 3.花見でいっぱい 4.男梅サマー 6.腹白 ヴァイツェン好きの私は6番が好み。炭焼きのポルケッタと一緒にいただきました!
その他、流山入江農園の肉厚しいたけや炭火焼などが今回超人気で焼くのに大忙しでした。
■【ビール専門店 クラスター】 柏駅西口の人気店、世界のビールを扱っているビアバー&酒屋のクラスターさん。今回は千葉・佐倉で1998年創業の21年目になる地ビール醸造所「ロコビア」のビールを提供していました。おすすめはワールドビアカップで3年連続メダル獲得の、スッキリ&ほんのりフルーツの香りがする「佐倉香りの生」。とても飲みやすいので苦いビールが苦手な方でもきっと気に入ると思います。ビールと一緒に千葉県産「林SPF豚」のベーコンやソーセージも人気でした。

回を追うごとに出店者も来場者も増え、ますます活気づくパン&ビアフェスタ。ここで初めて出会ったお好みの味を求めて、それぞれの店舗訪れる方も多いとか。また次の回が楽しみです!
暑い時期に夜外飲みできたらいいなぁ~~

「柏の葉パン&ビアフェスタ2019『パンの時間』」
開催日時:3月31日(土)10:00~18:00
場所:柏の葉ゲートスクエア
◆主催 / 柏の葉パン&ビアフェスタ実行委員会
・柏の葉T-SITE
・ベーカリーハレビノ
・ジャパンビアソムリエ協会
・株式会社食器プロ

[post_title] => いいコト・いいトコ《其の五》 柏の葉パン&ビアフェスタ2019「パンの時間」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => closed [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => s5 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2019-05-28 18:28:14 [post_modified_gmt] => 2019-05-28 09:28:14 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=1867 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [9] => WP_Post Object ( [ID] => 1819 [post_author] => 9 [post_date] => 2019-05-28 17:54:02 [post_date_gmt] => 2019-05-28 08:54:02 [post_content] =>

器のことを知りたかったら、産地に行くのが一番!ということで、茨城県にある「笠間焼」の窯元「向山窯(こうざんがま)」を訪問しました。今回は柏の飲食店のスタッフさんが「向山窯」にオリジナルコーヒーカップの制作を依頼するというミッションもあり、一緒に工房の中を見学することに。大きな窯元の工房の中は初めてです。ワクワクしますね!

関東二大陶器生産地の一つ、笠間焼「向山窯」を訪ねて

前回の「国際ホテル・レストランショー」の取材で、「近年の食器の流行はアース&ミックス」だと食器メーカーや卸売会社のバイヤーさんから伺いましたが、各ブースで共通して感じられたのが、“和洋折衷と手づくり感”でした。特に和食器は手づくりのものが多いため、1枚1枚の色柄や形が微妙に違い、それが“味がある”として海外でも人気があるそう。デザインも洋食器のようなシンプルで普段の生活でも気軽に使えるデザインのものが増えているようです。

■今、人気があるのは和洋どちらでも使えて、一つひとつが個性的な器。「向山窯」の作品の中でも人気のシリーズ

世界レベルで人気の高い和食器ですが、関東近郊にある窯元といえば茨城の笠間焼と栃木の益子焼を思い浮かべる方は多いでしょう。今回のいいコト・いいトコでは、笠間焼の窯元「向山窯」を訪問。「向山窯」の代表取締役であり伝統工芸士の増渕 浩二さんに、普段は公開していないという工房を案内していただきました。

■ショップの中はさまざまな笠間焼がズラーリ!!
■タンブラーやカップだけでも実にさまざま
■セレクトショップなどで扱われる商品は、薄くて軽いシリーズが人気

実は今回、「Marche BATON」「THE LIFE」の皆さんが、オリジナルコーヒーカップを笠間焼で作ってもらいたいということで、発注するまでの様子もレポートさせていただくことに。一つひとつ手づくりの焼き物なので、少数ロットでの注文も可能なのだそうです。

■ショップに着くなりカップの研究を始めるマルシェバトンの皆さん
■業務用としては、料亭や外資系ホテルレストランから個性的な器の特別注文が多い
■もちろん、伝統的な図柄の作品もたくさんある

笠間焼の歴史と「向山窯」について

工房をご案内いただく前に、増渕さんが「向山窯」を開くまでのことを伺いました。そもそも笠間焼の成り立ちはいつだったのでしょう?


「笠間焼は江戸時代の安永年間に、現在の笠間市箱田で信楽の陶工の指導で焼き物が始まったとされています。笠間が選ばれたのは、周辺で採取される花崗岩からできる強い粘性と鉄分を持つ粘土が良質な材料となったからです。明治に入っても、笠間は19の窯元があり、日常生活で使われる陶器の産地として知られていました。当時は「かめ」と「すり鉢」を主軸に東日本全土に提供していたんですよ。東の笠間、西の多治見(高田焼)という具合に生活用の陶器を生産する窯は決まっていました。でも、戦後は生活様式も変わり生活用の陶器の需要が少なくなって、笠間焼全体の方向性を変えなければならなくなりました。近年は自由な作風の工芸品として多くの陶芸家が窯元で腕を磨いています」

■左が増渕さん。休憩中の若い工芸士さんたちと一緒に

なるほど、身近でありながら笠間焼のことを知らない方も多いですよね。増渕さんが焼き物の世界に入られたきっかけは何ですか?
「小さいころから何かを作るのが好きでして、工作で鳥かごやウサギ小屋を作ったりね(笑)そういうのを見ていて、親から工芸の道を勧められたんです。父は東京美術学校(現:東京藝術大学)出身で経済産業省の技術職の役人でした。当時の日本では滅びてしまう伝統工芸が無いようにと、伝統工芸を振興させる政策を打ち立てていたのですが、父親は、その政策に基づいて技術の保存や振興のための指導をするために全国各地を廻っていました。そんなこともあって、私にもものづくりの道を勧めたのだと思います。そこで、中学卒業後、愛知県瀬戸市の窯業高校で勉強をして、地元茨城真壁に帰ってきてからは一番近かった笠間焼の陶芸家の元で勉強をして、26歳で独立して「向山窯」を開きました。会社組織にしたのは昭和48年です」。

「向山窯」の笠間焼工房探検!

では、いよいよ工房の中に潜入します!ショップから少し離れた丘の上に工房はありますが、通常は一般公開していないとのことなので、今回は特別にご案内していただきます。貴重な体験ですね。

■まだ粘土が柔らかいの状態の器に「しのぎ」という飾りの溝を刻む
■下書きも無く「しのぎ」を刻んでいく。1周してもちゃんと数が合っているのはさすが匠!
■ここでは分業ではなく、陶芸家それぞれが最初から最後まで自分の作品の作業をしている
■薄造りのタンブラーは、一つひとつ型にクルっと巻いて形を作る。継ぎ目がわからないように成形するのが難しいのだとか
■乾燥させた後に細かな凹凸などをとるために整える
■素焼きして乾燥中
■釉薬を塗って乾燥させ、この後本焼きに
■本焼きをする窯
■こちらも窯

若い陶芸家が多く在席する「向山窯」ですが、いずれ独立を予定している陶芸家が修行するために、ホームページを見て応募してくる人が多いのだとか。

「こうしていろんな方と一緒に仕事をしていると、1人で作品を作っていた時よりもずっと多くのことを学べます」と最近入社した方はいいます。
また、増渕さんをはじめとしてほとんどの方が「伝統工芸士」の資格を持っています。「伝統工芸士」とは、経済産業大臣指定の伝統的工芸品の製造に従事している技術者の中から、高度の技術・技法を保持する人を「伝統工芸士」として認定しているいわば国家資格。
「笠間焼は作風がかなり自由という魅力で全国から若い陶芸家が学びに来ます。後継者を育てることも私たちの使命です」と増渕さんは言います。

オリジナルの器を注文してみた!

一通り工房を見せていただいた後は、見本がたくさん保存してあるサンプル部屋にご案内いただきました。そこには今まで制作してきたもののサンプルがズラズラーっと並んでいる部屋です。
ここでマルシェバトンの皆さんは自分たちの希望に近いものや、気になるものをピックアップ。

■「このカップにこのソーサ―はどうだろう?」一応、来る前に考えをまとめてはきたけれど、いいものがたくさんあると迷ってしまうことも
■「形と色はこれと同じで…」実物のサンプルがそこにあるので、注文が伝えやすい
■作りたいものがはっきり決まり、良い方向にまとまったよう。できあがりが楽しみ!

日本の伝統工芸の技術力を世界に向けて発信したい

形式にこだわらず、自由な発想を伝統技術でつくりあげていく笠間焼。今後はどんな方向に進んでいくのでしょう?
「15年くらい前は笠間焼の事業所は340軒ほどあったのですが、今は250軒ほど。これを維持しようと思ったら、後継者をしっかりと育てて伝統技術を受け継いでもらわないと。そのためには、自分たちがちゃんと事業をより強固なものに、また、少しずつでも拡大していかなければならないと考えています。現在の向山窯の事業3本柱は“業務用”“流通”“小売りとギフト”ですが、そこに海外に直に輸出していくグローバルな展開を加えたいです。ただ、製品が手づくりなので、手を拡げ過ぎても今までのお客様にご迷惑がかかりますから、今のお客様を大事に、少しずつ世界に目を向けていけたらいいですね」と増渕さん。「この火を消さないようにするのが私たちの世代の役目です」と穏やかな笑顔で締めくくってくださいました。

■茨城空港開設記念に作られたカップ。飛行機柄が可愛い

株式会社 向山窯 笠間焼プラザ店  
住所:茨城県笠間市笠間2290-4
電話番号:0296-72-0194
HP: http://kasamayaki.co.jp
アクセス:JR水戸線「笠間」駅より観光周遊バス「やきもの通り」下車、徒歩5分。
北関東自動車道「友部IC」より4分、芸術の森公園入り口。駐車場:大型車4台・普通車50台

[post_title] => いいコト・いいトコ《其の四》 今注目の和食器を求めて…関東が誇る窯元「笠間焼・向山窯」で業務用食器を発注 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => closed [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => s4 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2019-05-28 18:27:06 [post_modified_gmt] => 2019-05-28 09:27:06 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=1819 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [10] => WP_Post Object ( [ID] => 1789 [post_author] => 9 [post_date] => 2019-05-28 16:22:01 [post_date_gmt] => 2019-05-28 07:22:01 [post_content] =>

食にかかわるイベントや作り手・メーカーなどを突撃レポートする、いいコト・いいトコ。3回目は2月19日~22日、東京ビッグサイトにて開催された、「2019国際ホテル・レストランショー」で、食器・調理器具等の卸売業者さんにインタビュー。各社の今年の推しシリーズや、世界的な食器の流行について伺いました。

ホスピタリティとフードサービス専門の大展示会に潜入!

「国際ホテル・レストランショー」は、レストランやホテルなどフードサービス向けの製品やサービスの会社が2000ブースも出展する大規模な展示会で、毎年2月ごろ開催されています。今回、出展している業務用食器や調理器具の卸売会社3社のブースを訪問して、飲食店はもちろん、一般の方も気になる今年の品揃えと流行などを伺いました!

■会場はお台場の東京ビッグサイト。広大なフロアいっぱいに各社の力の入ったブースが並ぶ

輸入・国産高級ガラス製品卸店「二ノ宮クリスタル」

初めに伺ったブースは「二ノ宮クリスタル」。世界の3大メーカーをはじめ12メーカーより直接輸入するガラス製品から国産ガラスを主流に、陶器など洋食器を全般的に扱っています。洋食器問屋や専門店へ業務用としてだけでなく、小売店にも生活雑貨用など全国へ卸販売を行っている会社で、日本の真ん中・岐阜県に自社デリバリーセンターを持ち、当日受託&当日出荷の体制で即日対応できるのが強みです。

最近のテーブルウェアの流行はズバリ!「アースカラー」。会場全体を見渡してもグレーやブラウン、モスグリーンなどの器が目立ちます。「二ノ宮クリスタル」のブースもドライフラワーなどを使ったナチュラルな雰囲気のセッティングがメインビジュアルとなっています。

「弊社では華道家によるフラワーアレンジメントを導入したセッティングも承っておりまして、お料理を活かす器をセレクトし、テーマに沿った形でディスプレイをご用意することが可能です」と、営業担当の岡田さん。かしこまり過ぎず、さらにシリーズものではなく、多様なデザインの器が一体感のあるセッティングになっているのが印象的でした。

■流木とドライフラワー、野菜。そして木目のトレーにガラスの器という「アースカラー」を意識した組み合わせ
■「二ノ宮クリスタル」営業の岡田さん。「いつもアンテナを張って、流行りを先取りしながら、品質・デザイン共に良いものをご提案するのが私たちの役目です」
■カラフルな料理や果物が映える、内側が金、外側が白というカクテルグラス。透明のグラスとは趣が異なり、和テイストにも似合いそう
■こちらもガラスにメタリックな塗装をしてあるデミタスカップ。金銀銅があって、東京五輪開催を意識したという面白いセレクト
■中身がきれいに見える薄手のアクリルショーケースも取扱商品
■装飾が施されたゴブレットは、カラフルで写真映えする豪華なカクテル用。また、フルーツを贅沢に使うジントニック用など、大きめのグラスが海外の流行最先端
■さまざまな種類のシャンパングラスでサービスする、レセプションのウエルカムドリンクのセッティング。ゲストがコーディネートや気分に合わせて好きなグラスが選べるという楽しみ方を提案している

「二ノ宮クリスタル」はガラス製品の専門卸の会社ですが、陶器や木製品、樹脂製品など幅広い品揃え。特にメラミン樹脂の器はアメリカでの普及率はとても高く、逆に国内ではあまり一般的ではない素材ですが、今後、五輪開催に向けてのニーズが高くなると見込んでいるそうです。

■メラミン樹脂食器の先進国アメリカ製の器は、陶器と見間違えるほどの質感。いわゆる“割れないだけの皿”ではない、デザイン性の高い商品になっている

創業65年の業務用高級食器卸の会社「ミヤザキ食器」

浅草・カッパ橋で業務用食器販売の店として創業した「ミヤザキ食器」。現在は店舗販売をやめ、海外からの輸入を強みとした予約販売のみの会社に方向転換。また、美濃焼の産地・岐阜に倉庫を持つことで、当日注文・当日発送が可能となりました。フランスやイギリスなどヨーロッパ等一つの国に一人のディストリビューターを置き、いち早く現地情報を収集し、輸入力を上げています。
「近年、UAEやカタールなどの中東からの注文が多くなっているのですが、輸入ブランドとしてもUAEに注目しています」と営業の大森さん。今年の「ミヤザキ食器」の推しブランドはUAEの「RAK」。こちらも流行りのアースカラーを中心に、和の雰囲気を持ったシリーズから、パステルカラーの家庭用としても人気のシリーズなど豊富で個性的なカラーリングが特徴です。

■ビュッフェ用のトレーはそのままオーブンでも使える陶器で、厚みがあり、丈夫な作り。金属と違って温かみのある質感と色が雰囲気を出している
■内側は手塗りならではの豊かな風合い。数色の器を組み合わせて使うのも今年の流行りだ
■和モダンテイストを推しているのは、今後のインバウンド利用増加を見据えてのこと。ホテルのビユッフェでは、和食は和の食器という感じで、料理ジャンルによって器の雰囲気を変えるのが流行となっている
■今回の展示は赤・青・緑・黄色・黒の五輪カラーをテーマにしていて、ここは“青”。和食器も洋食器も同じテーブルの上でコーディネート。松を添えると和の雰囲気になる
■「こちらの展示のように、今使っている食器に新しい食器を+αとしてMIX使用していただき、コストを控えながらも面白みのあるテーブルコーディネートをご提案しています」(大森さん)

「ミヤザキ食器」では輸入食器だけでなく、有田焼の業務販売の窓口にもなっています。今年の推しは、海外の若い作家のデザインを有田焼の職人が制作するという、いくつもの窯元が共同で取り組んでいる新シリーズ。シンプルモダンなデザインでありながら、手焼き独特の個体差を愉しめると、海外の方からも人気があるそうです。

トレンドにいち早く反応して買い付けをする企画部門に、食器の設計ができる技能を持った4名の人材を配置するほどクリエイティブな分野に力を入れている「ミヤザキ食器」。今後の品揃えに注目していきたいですね。

膨大な数の品揃え!業務用厨房用品卸商社「遠藤商事」

さて、最後は食器だけでなく調理器具や機器なども扱っている「遠藤商事」のブースを訪問しましょう。分厚いカタログが取扱商品の品数を表しているように、ここに無いものは無いのでは?と思うほどブースの中はバラエティに富んでいます。
「今はバイキングブッフェで使う器が多く出ています。例えば、こういった一つひとつが小さな器をセットで抑えた価格に設定して、数多くそろえていただけるようにしています」と代表取締役の遠藤さん。ここでもメラミン樹脂の器が大活躍しています。

■和洋折衷の器が人気。素材は陶器からメラミンなどの樹脂製までさまざま
■「一見ガラスのようですが、これはポリカーボネーイド製のメガシリーズです。こうした大きなものは軽く割れないので、食器だけでなく花器としても重宝されています」(遠藤さん)
■まるでガラスにしか見えない!クリアなハイグレードポリカーボネーイドシリーズ。持ち手がハンドル状になっているユニバーサルデザインのカップなども工夫されている。こうした割れないグラス類は、屋外のパーティ用の他、ホテルの個室設置用の注文が多いとか
■こちらも樹脂の器。イタリア製のもので、デザインがとてもきれい
■非常に“映える”「ルイジ・ボルミオリ」のオイルボトル。数々の一流ブランドの香水瓶の製造をしていることで有名なイタリアの老舗メーカー。香水瓶特有の技術の研究が進んでいることから、ワインやオイルなど香りを楽しむ食品用ボトルにもその技術が応用されている。デザイン性の高いラインナップが会場内でとても目を引いていた
■「遠藤商事」の本社がある新潟県燕市といえば、金属洋食器。その金属加工技術を保証する「メイド・イン・ツバメ」の認証を受けたブルーテンパーハンマーシリーズのフライパン。通常の黒皮鋼板を酸洗処理した後、2回も焼き入れ工程を行っている高級素材で、高圧プレスで鎚目加工を施し、硬さだけではなく粘り強さも加わり、錆に強く、強度と熱効率、油なじみに優れた製品なのだそう。持ってみるととても軽くてびっくり!
■燕といえば、ステンレスのカトラリー。通常は磨き加工でピカピカにするのだが、あえてつや消しのシリーズもなかなかおしゃれ
■カラーによる区域管理などができるHACCPに対応したブラシ。毛は抜けにくく熱に強いため、衛生管理が必要な場所での使用に適している。※【HACCP】とは、世界的に導入が進められている食品衛生管理システムの一つ。日本でも2018年6月に改正食品衛生法案が可決され、HACCPの制度化が決定した。
■食器や調理器具の他、調理機器も多数取り扱っている「遠藤商事」。どんな食材も瞬間的に泡に変身させてしまう「エスプーマ」もその一つ。最新のアイデアを搭載した機器や器具で新しい調理の形を提案している

飲食・サービス業界はノンストップ!

ここまで駆け足でご紹介してきた「国際ホテル・レストランショー」ですが、いかがでしたか?ビッグサイトなどで開催されるさまざまな展示会を見てきましたが、とにかく飲食&サービス業界の仕事の奥深さを実感しました。今回は食器をクローズアップしてみましたが、この会場にはテーブルウェアや器具・機器だけでなく、衛生管理、ユニフォーム、販促アイテム、内装・外装、ITシステム、照明、音響…幅広い分野のスペシャリストが集まり、常に新しいアイテムを紹介しています。また、食器一つとっても、世界情勢や法律改変などのさまざまな事柄を反映しながら移り変わっていることもよくわかりました。
今度、お店やホテルのビュッフェを訪れた時、単にご馳走を食べるだけでなく、どんなセッティングをしているか?なぜこれを使っているのか?謎解きしながら観察してみるのも面白いのではないでしょうか?あ、もちろん、お料理をおいしくいただくことは忘れないでくださいね。

「2019国際ホテル・レストランショー」
会期:2019年2月19日(火)~22日(金)
会場:東京ビッグサイト 東展示棟1〜7ホール
主催 : 一般社団法人日本能率協会/一般社団法人日本ホテル協会/一般社団法人日本旅館協会/ 一般社団法人国際観光日本レストラン協会/公益社団法人国際観光施設協会

◆株式会社 二ノ宮クリスタル
住所:東京都江東区枝川1-10-33
電話番号:03-3615-0401
HP:http://www.glass-kumiai.jp/ninomiya-crystal/

◆ミヤザキ食器株式会社
住所:東京都台東区上野7-2-7 SA ビル
電話番号:03.3844.1014
HP:http://www.mtsco.co.jp/

◆遠藤商事株式会社
住所:新潟県燕市物流センター 2-33
電話番号:0256-63-2710 
HP:http://www.endoshoji.co.jp/

[post_title] => いいコト・いいトコ《其の三》 “食器のプロ”に聞く今年の流行は?「2019国際ホテル・レストランショー」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => closed [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => s3 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2019-05-28 18:25:36 [post_modified_gmt] => 2019-05-28 09:25:36 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=1789 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [11] => WP_Post Object ( [ID] => 1642 [post_author] => 9 [post_date] => 2019-01-25 16:57:40 [post_date_gmt] => 2019-01-25 07:57:40 [post_content] =>

1月に入って、少々寒さも厳しくなってきました。お買い物や仕事の帰りなど、ちょっとあたたかいものを食べて帰りたいなぁと思った時、辛めの麺類などで温まってはいかがでしょう?2019年の第一弾は昨年11月、千葉県流山市の「流山おおたかの森」駅高架下にオープンした、さまざまなアジアの麺が楽しめる店、「106's Asian Noodle(トムズアジアンヌードル)」をご紹介します。

「流山おおたかの森」駅高架下の注目スポット

以前ご紹介した、「柏の葉キャンパス」駅高架下の「かけだし横丁」のように、最近は鉄道高架下の有効活用とまちづくりを兼ねた開発が多くみられます。img_3059同じつくばエクスプレス沿線の「流山おおたかの森」駅の高架下にも、「こかげテラス」という商業施設がオープン。その13店舗の1つが「106's Asian Noodle(トムズアジアンヌードル)」です。
ちなみに、「106's Asian Noodle」の「106」とは、10(ト)6(ム)とトムヤムを数字で表したもの。今後のインバウンド利用が増えることも踏まえて、外国の方にも読んでもらえるように…という思いもあるのですが、たまたま「こかげテラス」で割り当てられたのが「106」区画だったというのも不思議なご縁なのかもしれません。

shop01■駅のすぐ下ということで、一人でも気軽に立ち寄れる雰囲気
shop04■入口内側正面には大きなサイネージが。「どんなお店?何が食べられるの?」と疑問に思っても、店外からこれを見てメニューを確認してから入店する人も
shop08■店内はアジアの雑貨が飾られていて、温かみを感じられながらもすっきりとモダンなつくり
_mg_8301■ヌードルのお店には珍しい(?)シャンデリアが目を引く

柏の中国料理「文菜華」オーナーシェフ渡辺氏プロデュース

「106's Asian Noodle」は、柏市街地にある中国料理「文菜華」のオーナーシェフである渡辺氏がプロデュースしています。渡辺さんが「文菜華」を開店する前、中国料理古来の方法で作られている調味料を求めてタイ・バンコクへ渡り、身体にやさしい中国料理を作るために自然素材のみを基にして作る“醤”を学んできました。帰国後、柏市内に開店したのが千葉県初のアジアのご飯とフォーの店「アジアンヌードル展(NOBU)※2012年閉店」でした。今回、この渡辺さんの最初の店舗「アジアンヌードル展」を再現したのが「106's Asian Noodle」で、当時のメニューと同じものも提供しているので、当時のファンはさぞかし喜んでいるのではないでしょうか?

現在、「106's Asian Noodle」の厨房で腕を振るうのは深澤雄二シェフ。_mg_8311深澤さんは柏市街地の人気店「知味笑龍 深澤ラーメン」のオーナーシェフでしたが、料理人としてさらなる新しい世界へのチャレンジと、中国料理で培った見聞を広げ、アジア料理という広い領域に視野を広げたい!ということで新店を任されることに。
「渡辺さんとは柏そごうへの出店時にお隣さんとして出会ってから10年来のお付き合いです。いままで私が作ってきたラーメンとは全く違うものですが、今回、いろいろなタイミングも合ったこともご縁だと思い、新しいことに挑戦してみたいと思いました」と深澤さん。
レシピや作り方はもちろん、キッチンはオール電化で、フードコートスタイルの店のオペレーションシステムなど、全てが今までとは違います。
「自分の中にしみこんでいたものを一度クリアにして、新しいやり方を取り入れていくことに集中し、さらに磨きをかけていけたらと、気を引き締めて取り組んでいます」。

shop10■入って左手にあるカウンターで注文と支払いを済ませてから席へ。料理はできあがり次第テーブルまでスタッフが持ってきてくれる。カウンターから厨房周りの壁面は、「アジアンヌードル展」の写真がコラージュされている

タイやベトナムを中心としたアジアの麺とご飯がずらり!

さて、「106's Asian Noodle」の人気メニューをご紹介しましょう。なんといっても「展」時代からの名物「トムヤムラーメン」は押さえておきたいところですが、その他、フォーやカプカオなどのタイ、ベトナムを中心としたアジアの麺とご飯が楽しめます。
人気NO.1のメニューは「ハーフ&ハーフ」で、ヌードルとご飯のハーフセットです。

_mg_8328■トムヤムヌードル(赤)に好きなアジアご飯(3種から1つ)を組み合わせる「106'sヌードル」。これは鶏そぼろとバジルの目玉焼きのせご飯「カプカオ」を合わせて。赤いスープが一見とても辛そうに見えるトムヤムヌードルだが、爽やかな酸味が辛さをマイルドにしている。カプカオは野菜と鶏・卵が栄養バランス良い丼ぶりでお腹も満たされる

_mg_8321■アジア丼と牛ほほチャーシューのフォーのセット「アジアンヌードル」。レッドカレー「ゲンベット」を合わせて。牛ほほチャーシューは口に入れると溶けてしまう柔らかさ。レッドカレーはココナツミルクが効いた酸味のあるカレーimg_3017■「イカ団子のあっさりフォー クイティオ プラー」は、塩味のさっぱりとしたスープにプリっとしたイカ団子が良く合うフォー。女性に好まれそうな味とヘルシーな感じ

_mg_8336■籠のトレーや塗りの蓮華、紅白の器など、内装や器にこだわる渡辺氏ならではのセレクト

本格的な味を誰もが気軽に食べられる店

オペレーションシステムなどは利便性を追求したつくりの「106's Asian Noodle」ですが、お洒落な雰囲気の内装や器、そして妥協しない料理はお客として訪れる人の心を豊かにしてくれます。まだ開店して数か月ですが、平日昼は女性グループあるいは一人でランチに、夜はサラリーマンが、そして休日はファミリーでの利用が多いとか。気候の良い時は近くの公園などにテイクアウトする人も多くなるでしょう。流山おおたかの森という場所柄もあって、今後さまざまな世代から支持される店になりそうですね。

おすすめの食べ方ですが、みんなでハーフ&ハーフを注文して、一人で2種類×人数分のいろいろな味を比べてみると面白いですよ。そこで自分の好きな一皿を見つけて、次に一人で行った時はフルサイズを独り占めして食べちゃいましょう!


「106's Asian Noodle」 shop03
住所:千葉県流山市西初石6-182-3 こかげテラス内  
電話番号:04-7170-1061
営業時間:
[~1月31日]
11:00~15:00 (L.O.14:30)、17:00~22:30 (L.O.22:00)
[2月1日~]
平日11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~22:00 (L.O.21:30)
土日祝日11:00~22:00(L.O.21:30)※休憩時間無し
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、第2火曜
※変更の可能性もあり
アクセス: つくばエクスプレス・東武アーバンパークライン「流山おおたかの森」駅下車すぐ
HP:https://106asiannoodle.com/

[post_title] => Vol.24 柏の人気店が流山おおたかの森で装いも新たに復活!「106's Asian Noodle」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => open [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-24 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2019-01-25 17:15:49 [post_modified_gmt] => 2019-01-25 08:15:49 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=1642 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [12] => WP_Post Object ( [ID] => 1581 [post_author] => 9 [post_date] => 2018-12-17 20:53:39 [post_date_gmt] => 2018-12-17 11:53:39 [post_content] =>

あっという間に年末ですね、早いですね~。12月第1週にはサッカーのサポーターたちは「良いお年を」などと言って2月のシーズン開幕までは冬ごもりすることになります。んん?ナンの話ですか?とお思いですよね。すみません。プロフィールに書いていますが、私は千葉県に住んでいるにもかかわらず、サッカーチームで応援しているのはガンバ大阪なんです。今回は大阪・吹田のパナソニックスタジアム吹田のホームゲームに参戦するために、大阪に行った観戦記…ではなく、もう一つの目的、「鮨処 池上」をご紹介します。

会員制!?知らないと入れない雰囲気漂う高級寿司処

私は次の日のガンバの試合のために、前日大阪入りしたのですが、11月末の連休なので東京駅も新大阪駅もとにかく人でいっぱい。JR京都線沿線にホテルを取って、千里丘から歩いてパナスタに行くつもりでもあったのですが、その日の目的は千里丘駅近くにある「鮨処 池上」。昨年、サポーター仲間に連れて行ってもらってものすごく気に入ってしまい、また今年も連れてって!ということで行ってまいりました。
img_2800■風情あるこけむした屋根など、まるで山や森の中のひっそりとした隠れ家のような佇まい

千里丘の駅から徒歩3分とは思えない雰囲気なのですが、思いきって引き戸を開けると、「いらっしゃい!」と元気な声で大将の池上秀里さんが迎えてくれます。

img_2802■樹齢300年の木曾ひのき白木の一枚板カウンターの奥には木製のネタ箱や木のお櫃。席はこのカウンターの7席のみで、1日2回転完全予約制

img_2809■電気を使わない氷室の冷蔵庫にも大将のこだわりが

カウンターに座ると、「何か苦手なものはありますか?」と聞かれます。ここ「鮨処 池上」のメニューは、季節の旬のネタのおまかせコース(12,000円~)のみ。ほぼ月替わりでネタが変わります。なので、まずはお客さんのNG食材を把握。さて、今日は何が出てくるでしょう?楽しみ!

img_2811■包丁を持っている時は真剣そのもの。でも、それ以外の時はとっても面白い大将

とにかく満足!!レアもの、初ものに出逢えるおまかせ幸せコース

さて、まずはお造りから…。今日は大きなボタン海老からです。「一口サイズに切りますか?それともガブリエルで?」もちろんガブリエルで!(笑)


img_2803■大きなボタン海老!!

img_2806■ガブリエルとは、手で持ってそのままガブっと食べること。あまーい!

img_2804■海老の脚など、身がほぐせない部分を焼いて醤油に漬け込んだ、海老醤油をつけて


img_2807■柔らかい明石の煮だこ。こんな太いの見たことない!


続けて天然のヒラメをすだちと柚子に「塩パラわさび」か、こぶ醤油で。
「おすすめは塩をぱらっとかけていただいてわさびをちょっとのせて食べる“塩パラわさび”。千里丘で大流行り~~!」と大将。ほとんどのお造りは、素材の味が際立つ塩パラわさびで食べたい感じです。

img_2812■赤貝のヒモと、北海道の本つぶ貝これはこぶ醤油で

光りモノ好きとしてはそろそろ来ますかね?
来ました!八戸のサバ。

img_2816■体高のあるいいサバですね

img_2817早く日本酒に行きたいところです。と言っている矢先にカニが出てきました!!
兵庫・柴山漁港から直送のセコガニ(松葉ガニの雌)です。外子身と絡めながらいただきます。
img_2826早く日本酒に…すかざず「カニ酒」が!カニの脚の先など、こちらも身を取り切れない部分を焼いて熱燗につけたものです。ぐいのみを持ち上げたところでカニの香りが…。

img_2827熱燗は身体があったまりますね。
img_2828お次は鱈の白子で宮崎のヘレス柑橘を使ったポン酢とかんずりで。
日本酒も注文しちゃいましょう!!

ここで、池上さんが見せてくれたのがカツオの半身。でも、いつも見ているカツオはもっと赤いような…。「これはヤイトガツオというんですよ。カマの下のあたりに点々があって、お灸をすえたみたいだからヤイトっていうみたいです」。同行者は昔、叱られる時に「ヤイトすえるでー」と言われたそうな…(笑)関西ではお灸のことヤイトって言うんですね。面白いなー。

img_2829これを藁焼きにします。カウンターの中でファイアー!!エンターテインメントですね。

img_2835
五島列島神経締めヤイトガツオの藁焼きステーキです。普通のカツオよりも脂乗りがよいので、口に入れると溶けちゃいます。

img_2837
握りに入る前に大将がこだわって選んだ器の数々をご覧ください。

ai4■こんぶとカワハギのエキスのスープで一呼吸ついて(左上)、アサリのお出汁とカキノダケの茶碗蒸し(右上)、信楽焼のぐいのみ(左下)、追加で注文した牡蠣ポン酢(右下)

ai3■日本酒は江戸切子や薩摩切子のグラスでいただきます

img_2845

 

■大阪・四条畷の作家さんの作品

img_2892

 

 

 

■まぐろの漬けを入れていたのが漆塗りの木のボウル。これ、すごくいい器!大将は器にもこわだっていて、「好きなものに囲まれて仕事をしたい」とのこと


お待たせしました!ここから握りに入りますよ

まずはカワハギ肝のせ、漬けまぐろときて、腹かみ一番大トロはアイルランドの天然もの、コハダ。ちなみに池上の鮨はコクのある赤酢で合わせたシャリです。(順番ですが、お酒入ってるのでちょっと定かでないです。すみません)
ai1合間に焼き物(淡路島のマナガツオ西京焼きが入ってます)。
そして私の大好きなイワシ「薄く塩を振り、握る瞬間にお酢でちょっと洗うと美味しさ倍増!」と大将。

img_2850大将、おもむろに高いところからなにやら白い粉を振りはじめました。塩に米粉を合わせたもの。雪のようです。


img_2871■「イカの時間でございました!」いろいろな時間があるみたいです。「楽しんでもらえることが僕の役割」と大将


img_2877■北海道の蝦夷バフンウニと注文しておかないと入手できない淡路島の紫ウニとイクラがのった「ちょっとどんぶり」

ai2■ホンガツオの漬け(左上)、津島の穴子のふわとろ穴子熊笹焼き(右上)、卵焼き(左下)、低温調理のあん肝奈良漬けのせ(右下)

本気でうまいものだけを出していれば、遠くからも千里丘まで来てもらえると思っている

すっかり食べてばかりでレポートできてなかったですね。では大将にインタビューです!「鮨処 池上」の成り立ちを教えてください。img_2854
「実家は小料理屋で僕が22歳の時に父が2号店として寿司屋を出店したんです。母と職人さんでやってたんですが1年で経営難になって、さてどうする?って、大学生の僕に振ってきたんです。いや、僕は皿洗いしかやってないから(笑)そこで、メニューを手巻きセット3種類だけにして、いわゆるお客さんが巻いて食べる巻物屋さんですね。僕は店が休みの日に北新地の名店「寿司処 多田」で皿洗いと仕込みに入らせてもらって、そこでいろいろといいものを勉強させてもらって、寿司も握れるようになりました。それから自分とこの店でも握り寿司をやるようになって、今度は1,500円のちょっとコース、2,000円の満足コース、2,800円の大満足コースの3種類。でも、材料は天然ものにこだわって、いいものをたくさん入れたんです。そしたらお客様がたくさん来てくださるようになって、なんとか寿司屋としてやってけるようになったので、2年前に店を改装して、ずっとやりたかったカウンターだけの店にしました」と大将。好きになって来てくださるお客様だけに来て欲しいので席数を減らして小さな店にしたのだとか
大将の趣味は食べ歩き。それも漁港めぐりが好きで、北は北海道の根室、網走など道東から日本海を周ったり、南は九州の漁港へ。現地でおいしいものを食べて、どんな魚がうまいのかを実際に見せてもらって勉強してきたのだとか。今の仕入れは市場以外はこうして周って歩いた漁港から直接送ってもらうことも多いそうです。
「漁港だけでなく、東京など他の地域に行って、フレンチとかジャンルの違う料理を食べたりして、よその店の味を覚えてくることも大事だと思うんで」。

勉強熱心な大将ですが、これから、「鮨処 池上」をどんな風にしていきたいですか?
「今来てくださっているお客様は近隣の方もいるし、千里丘が初めてという方もいます。外に『会員制』と貼っているのは実は御守りみたいなもので、フラっと入ってくる人にご遠慮いただきたいだけで、一見さんでも大丈夫なんですよ。ただ、予約はしていただきます。なぜかというと、ここを目指して来るというお客様に来て欲しいから。常連さんからのご縁で来てくれる方だけでなく、インターネットで調べて来てくれる方もいらっしゃいます。
北新地、京都、神戸とかおいしい店はたくさんあるけど、本気でうまいものを出してたら、千里丘まで来てくれるんじゃないかと思っています。とにかく、今、来てくださってるお客様を大事にしてたら必ず花は咲く。それが基本だと思ってます」。
生まれも育ちも千里丘の大将、基本はまず、千里丘の方々から愛されるようになって千里丘を盛り上げることだと力強く語ってくれました。


サッカーの試合の時に来ていますが、来年はもっと来たいなぁ。しかし、もしも息子を連れてきたらお腹いっぱい食べられたら大変なことになりそうなので、お好み焼きでも食べさせてから連れてこようかな(笑)


「鮨処 池上」 ex_01
住所:大阪府摂津市千里丘1-7-8  
電話番号:06-4861-0088 ※完全予約制
営業時間:
水~土曜18:00~23:15(18:00~20:30、20:45~23:15の2回転)
日曜・祝日17:30~23:00(17:30~20:00、20:15~22:45の2回転)
定休日:月・火曜
アクセス: JR京都線千里丘駅 徒歩3分
HP:http://sushi-ikegami.com/

[post_title] => Vol.23 新幹線に乗って行ってきました!大阪・千里丘のとっておきの店「鮨処 池上」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => open [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-23 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2018-12-17 21:48:07 [post_modified_gmt] => 2018-12-17 12:48:07 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=1581 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [13] => WP_Post Object ( [ID] => 1504 [post_author] => 9 [post_date] => 2018-11-16 21:12:15 [post_date_gmt] => 2018-11-16 12:12:15 [post_content] =>

落ち葉が歩道に舞い、冷たく乾いた風を感じる日が多くなってきました。秋から冬に向かうこの季節、ちょっぴり物思いにふけりたくなるのはなぜでしょうか?そんな「何もしない贅沢なひととき」を愉しみたい方にぜひ訪れていただきたい、自家焙煎コーヒーの店「CAFE RHYTHM(カフェリズム)」をご紹介します。

「自分の隠れ家みつけた!」という気分になるコーヒー専門店

ここ数年、柏市内で新しくオープンするおしゃれなカフェは南柏エリアが多いような気がします。南柏は、同じ市内でも柏駅周辺とは趣が違っていて、近くには「麗澤大学」があり、緑多い住宅地という雰囲気。それに溶け込むような落ち着いた佇まいの店が増えていて、地元の人から口コミで人気が高まっているようです。今回ご紹介するのも常磐線「南柏」駅近くに昨年オープンした「CAFE RHYTHM(カフェリズム)」。カウンターがメインの穴蔵のような小さなコーヒー専門店です。
_mg_8152■カウンターは7席。梁のおかげで奥まった感じが落ち着く

_mg_8164■窓側のテーブル席はカウンターとは対照的な明るいおしゃれな空間。木製のテーブルとイスは内装業者さんの手作り


_mg_8159■入ってすぐに目につくのがこの太い梁。100年前のアメリカの納屋の外壁に使われていた古材(バーンウッド)を貼ることで邪魔なものから味のあるポイントに。ライトは白熱球にこだわっている

「この場所に店を構えたのは偶然なんです。我孫子周辺で物件を探していたところ、_mg_8291知人がここを紹介してくれたんです。前はスナックだったので、入口にはドーンとカラオケの機械があったんですよ」と語るのは「CAFE RHYTHM」の店主・塚田和幸さん。「地域の方に、こんな店が家の近くにあったらいいなと思っていただけるようなお店にしたかった」のだとか。
「コンセプトは“男性から見てカッコ良く、女性からは可愛く見える店”です。内装業者さんとイメージを共有しながら、自分が作りたい店に改装していきました。古いスナックのカウンターだけは活かしてしますが、床を張り替えたり、窓を開けたりと、細かいところをしっかりと作りこんでもらいました。悩んだのはイスの色。ダーク系がかっこいいんですが、それだとかなり男性的になってしまうので、あえてグリーンにしてやさしい雰囲気を出してみました」。こうしてこだわった甲斐あって、「開店するのを待ってました!」と地元の方々が喜んで来てくれたのだそうです。

_mg_8156■天井を剥がしてみたら予想以上にきれいだったため、天井板は貼らずに配線をむき出しにしてみたのだとか

コーヒー店の始まりは、あの伝説の深煎りコーヒーの感動を伝えたいという想い

塚田さんがコーヒー店を始めるに至った、その情熱の源は「衝撃を受けた伝説のコーヒー」。それはコーヒー界のレジェンド、大坊勝次さんが淹れる深煎りコーヒーのことです。そのコーヒーの味に惚れこんだ塚田さんはかつて「大坊珈琲店」で働いていました。
「最初は深煎り独特の深い苦みを感じるのですが、飲んだ後に鼻から抜ける花のような甘く爽やかな味わいにいたく感激しまして、 “この感動をみんなに伝えたい!”と思ったのが私のコーヒー人生の原点です。当時、毎日テイスティングさせてもらったので、飲んで味を覚え、淹れている姿を見て淹れ方を学びました」。
その大坊式の淹れ方は、豆は深煎りで通常よりも多めの20gが標準。そして一定の量・速度で湯を落としてコーヒー本来の甘みを出すネルドリップ方式。ネルをゆっくりと回しながらドリップしていく様はエンターテインメントとも言えるかもしれません。

_mg_8211■ドリップ中は話しかけられないほど真剣な空気が漂う。その様子を見つめて待つ時間も楽しみのひとつ
_mg_8229■厳選されたストレート豆を8種類ブレンド。カフェリズムでは深煎りの豆を使うため、時間をかけて熟成させている。煎りたてよりもまろやかで豊かな香りに…それは塚田さんが研究した結果、ベストだと感じたためなのだそう

これを目当てに来る人も!? コーヒーと相性の良いオリジナルメニュー

「CAFE RHYTHM」はコーヒー以外にも紅茶やカクテルなどのドリンク類、軽食、スイーツも提供しています。その中から「料理をお出しするとお客様に喜んでいただけるのが嬉しくて…」という塚田さんのオリジナリティあふれるメニューをご紹介します。


_mg_8239■和の雰囲気のカフェオレボールでたっぷりといただく「ミルクコーヒー」。ビターなコーヒーがちょっと苦手という方にはこれがおすすめ


_mg_8243-2■人気メニューの「フレンチトースト」はコッペパンを使った中はしっとりふわっふわ、外側はカリッと仕上げた至福のメニュー。アイスクリームが添えてあって500円というお得過ぎる一品。ミルクコーヒーと一緒にどうぞ
img_2419■甘みとスッキリとした生姜の辛みが食欲をそそる「生姜のドライカレー」は、自家製ジンジャーエールを作っている時に、せっかくなので生姜をまるごと使って何かできないかと考えた末に生まれたメニュー。独創的な器が良く似合う

_mg_8266■コーヒーのお供に…と考案されたのが、塚田さんの自信作「アトムチョコ」150円。オレンジ果汁と皮に砂糖を加えて煮詰めて、レーズンやナッツと一緒にキャラメリゼしたものをベースにチョコレートでコーティング。この日は「ビターチョコ×レーズン(左)」、「ホワイトチョコ×コーヒー豆(中)」、「マイルドチョコ×ピーナッツ(右)」の3種類。コーヒー豆はカリカリとした食感で、ホワイトチョコと合わせると苦味が抑えられてなんとも美味

ちなみに、土・日曜9:00~11:00はあの超人気ベーカリーZopfのパン4種を使った数量限定のブランチを提供しています。ソーセージ・ベーコン・スクランブルエッグ・オリジナルジャム・小倉あん・バター・食後ミニケーキ・食中食後のコーヒーがついたゴージャスなメニューです。

「コーヒーに和食器」という組み合わせも

「CAFE RHYTHM」では、和のテイストの器をうまく取り入れています。中でもデミタスとして使っている味のある焼き物と、南部鉄の茶托という組み合わせはとても新鮮。また、この店の雰囲気にも溶け込んでいて随所に塚田さんのこだわりを感じます。

_mg_8278■薄めのコーヒーや紅茶はこの少し大きめのマグカップで

_mg_8272■ザラッとした風合と表裏のある形が面白いぐい呑み。渋い色合いがコーヒーともよく合っている

おしゃれだけど気さく。本格的だけど気負わない店

まだオープンして1年半の「CAFE RHYTHM」ですが、すでにファンも多く、近くに住む人やお店の人たちにとっての憩いの場としても定着してきているようです。窓の外から覗いてから入ってくる人、親しい友人の部屋にくるような雰囲気で入ってくる人、そして、ドキドキしながら初めてドアを開ける人。それぞれ違ったバックグラウンドを持つ人々が、カウンターで並んでコーヒーを飲むことで、会話が生まれたりすることもあり、なんだかとても居心地が良いのです。
「コーヒーの味がわからないと難しいかな?とか思われがちですが、そんなに気負わずに、くつろぎにいらしていただければ…ケーキやアイスクリームなどの甘いものも、コーヒーカクテルなどお酒も揃えてございます。お仕事や飲み会の帰りなど、気分転換の一杯を飲みに寄っていただけたら嬉しいですね」と塚田さん。

_mg_8287■1周年記念でお客様へのプレゼントとして作ったロゴ入りマグカップ


「CAFE RHYTHM」には誰を連れて来ましょう? 夜の雰囲気はバーと似ているので、“バーには行くけどコーヒーの店はあまり行ったことがない”というスコッチ好きさんを連れて行ったら気に入ってくれそうです。昼間は女性同士で窓際のテーブル席でゆっくりと過ごすというのもアリですね。とにかくついつい長居してしまう居心地の良さは保証しますので、我孫子や柏まで帰る人も、南柏で途中下車をしてみてください!

 

「CAFE RHYTHM(カフェリズム)」 _mg_8182
住所:千葉県柏市南柏2-4-21 樋口ビル1階
電話番号:04-7186-6663
営業時間:平日11:00~17:00 18:00~22:00、
土・日曜9:00~19:00(9:00~11:00Brunch)
祝日11:00~19:00
定休日:水曜
アクセス: JR常磐線南柏駅西口より徒歩2分
HP: https://ktforjapanesebabie.wixsite.com/caferhythm

[post_title] => Vol.22 コーヒーの香りに包まれた心整う空間「CAFE RHYTHM(カフェリズム)」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => open [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-22 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2018-12-20 18:38:59 [post_modified_gmt] => 2018-12-20 09:38:59 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=1504 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [14] => WP_Post Object ( [ID] => 1463 [post_author] => 9 [post_date] => 2018-10-16 19:32:01 [post_date_gmt] => 2018-10-16 10:32:01 [post_content] =>

少し肌寒さを感じる秋の夜。最寄り駅に赤ちょうちんの店があったらついつい寄ってしまいますよね。屋台のベンチに知らない同士が身を寄せ合って、一杯飲むのオツなものです。そういう世界とは無縁と思われてきた千葉県のスマートシティ・柏の葉に「柏の葉かけだし横丁」という屋台横丁が今夏オープン。9月20日には10店舗が出揃い、夜の高架下が賑やかになりました。さて、どのお店が気になりますか?

 

つくばエクスプレス高架下が屋台横丁に変身

「柏の葉キャンパス」駅改札を出てつくばエクスプレスの高架下を北に進むと、暖かな灯りのもとで人々が楽しそうに集う屋台が並んでいます。ここは「柏の葉かけだし横丁」。今年7月にオープンした屋台横丁です。以前は駐輪場として使われていた無機質な場所でしたが、「かけだし横丁」の店が次々とオープンしてからは、道は明るく、多くの人で賑わう駅前に生まれ変わりました。
「かけだし横丁」は、「屋台」をモチーフとした19の小型飲食店舗とランナーズステーション機能を持った1店舗で構成されており、2018年9月末には10店舗がオープンしています。今回は私が気になった3店舗をご紹介します。

_mg_8125

新しいコミュニティづくりや賑わいを生む場所として

つくばエクスプレスの開通とともに発展してきた「柏の葉キャンパス」駅周辺ですが、千葉県や柏市などの「公」、地域住民や企業の「民」、千葉大学や東京大学の「学」が連携して、「柏の葉スマートシティ」として現在進行形でまちづくりが進められています。「柏の葉かけだし横丁」もこのまちづくりの一環として生まれた施設で、「柏の葉キャンパス」駅ができた当初から住んでいる住民だけでなく、最近市外から移り住んできた新しい住民も気軽に参加できるコミュニティづくりや、まちに賑わいを生み出すことを目指して開発されました。

 

_mg_8087「まず、各店舗には個性豊かな店主さんがいまして、そこには近隣住民や柏の葉在勤の方、大学関係者など、さまざまなお客様が店に来られます。そうした見知らぬ多種多様な人同士が、気軽に話ができるのは、屋台のような隣の人と肩が触れ合うくらいの小さなスペースだからこそ生まれる新しいコミュニティだと感じています。『柏の葉かけだし横丁』が、いつも笑いにあふれた賑わいづくりの起爆剤になることを願っております」と事務局の渡辺さん。次々と店舗がオープンしていくに連れて、よりみちを楽しんでいく人が増えていく様子に、きっとホッとされているのではないでしょうか?
しかし、なぜ「かけだし横丁」という名前なのでしょうか?
「施設内には、近くの柏の葉公園などへのランニングの拠点として、“カラダを動かしたくなる部室”がコンセプトの『ランナーズステーション<Run&Café Bunny Burrow>』があることと、お客様には、ここから“まちに繰り出して(かけだして)”いただきたいという思い、そして、初めてお店を持つ店主や初めて店長を務める方にとっても、ご自身の大切な“はじめの一歩”としていただきたいというさまざまな思いをのせて『かけだし横丁』と名付けました」。なるほど、長い高架下に並んだ店の前を、ダッシュで走りたくなるような躍動感あふれる名前ですね。
では、私の気になる3店舗をちょっと覗いてみましょう!


■(04)まぐろ卸直営 UMIOU

_mg_8078まぐろ専門の卸売会社直営の“まぐろ料理専門店”。世界中から届く生のまぐろを365日加工している工場で、本当は料理にしたらおいしいのに、流通にはのせられず規格外なってしまったまぐろ肉を使ったメニューを提供しています。鮮度抜群の生まぐろがお手頃価格で食べられると、開店当初から人気店に。
「まぐろを解体する時、どうしても商品にはできない端切れが出てしまうのですが、それをいつももったいないと思っていまして…味は一級品なので、それをお安く皆さんに食べていただければと、実は結構前から直営の飲食店を作りたいと考えていました」と、代表取締役の大槻さん。他ではなかなか食べる機会のない、まぐろの希少部位も通常メニューとして提供。これからの季節は温かい煮込み系のメニューも登場しますので、お楽しみに!


電話番号:070-4156-4610
営業時間:17:00~23:00
定休日:月曜

img_1979■「生まぐろ鉄火丼(750円)」とりあえずお腹が空いている人は丼ものから

_mg_8072■「生まぐろの豪華盛り(3,000円)」は、6~7種の希少部位がたっぷり盛られたお得な一皿。それぞれの名前が書かれた札付きなので、「これはどこ?」と楽しみながら味わって


■(07)シロうさ研究所

_mg_8115「私自身、カレーが好きなので、自分の食べたいカレーをお出しできるカフェを持ちたいと思っていました」とは、柏の葉の住民から屋台にチャレンジしている木村さんご夫妻。カレーはグルテンフリーの「キーマカレー」や「スパイスチキンカレー」など、その日の仕込み具合次第で1~3種類を提供。常時4種類の樽生クラフトビールや国産ぶどうを100%使用した日本ワインを中心に、こだわりのドリンクを用意しています。ランチタイムの営業もあるので、挽き立てドリップコーヒーとカレーという組み合わせもGOOD!奥様の手作りスイーツの出番も考えているとか。今後の展開が楽しみなカフェです。


営業時間:12:00~13:30、17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:不定休

43586568_452968785230108_3524512388583784448_n■木村さんオリジナルのスパイスの効いた「キーマカレー」

43723205_2247937185450699_8355932584596733952_n■こちらは「ポークカレー」

■(20)Run&Cafe Bunny Burrow(バニーバロウ)

_mg_8088Bunny Burrowはかけだし横丁の「かけだし」担当として、横丁で一番初めにオープンしたカフェバー&ランナーズステーション。「カラダを動かしたくなる部室」をコンセプトとしながら、柏の葉のコミュニティの核となることを目指しています。カフェバーではヘルシー志向の人向けの定食メニューや柏たなか農園のもち麦を使用したロカボメニュー、新鮮な野菜と果物を使ったスムージーなどを提供しています。
Bunny Burrowは柏駅東口にあるコミュニティーカフェYOL Café Froschの姉妹店で、店長の小原さんはそこで3年間カフェスタッフとして働き、今回Bunny Burrowの店長として柏の葉に来ました。
「楽しく走るランニングイベントなども月イチで開催しています。徐々に仲間が増えていて、嬉しいですね!もちろん、アルコール類も多数ご用意しておりますので、ランニングとは全く関係ないという方にも普通にご利用いただいています。オリジナルの手作りスイーツも人気があるんですよ。あと、ランナーズステーションにはロッカーや更衣室、シャワー室もあるので、走った後に汗を流してサッパリしてから一杯!という方も多いですね」(小原さん)
ランナーズステーションといっても、使い方はさまざま。面白いお店になりそうです。

電話番号:04-7126-0003
営業時間: 水~土曜・祝前日9:00~22:00、日曜・祝日9:00~16:00
定休日:月・火曜(祝日は営業)   HP: https://www.edgehaus.jp/

_mg_8098■3人娘がとびきりの笑顔でお出迎え&お見送りいたします!
img_2377■「もち麦ハンバーグ定食」11:00~16:00のランチタイムはご飯と味噌汁、ドリンク付きで880円

その他、個性あふれる屋台のお店がズラリ!

「かけだし横丁」には2018年10月現在、10店舗がオープンしています。_mg_8129どれもそれぞれ個性あふれる店舗ばかり。全店制覇目指して通ってみたくなりますね!
各店舗の詳細はホームページをご確認ください。


通り過ぎるだけだった高架下の道が、毎晩楽しそうな人で賑わっています。特に休日はファミリーで来ている方々も多く、夕方あたりから子どもたちの笑い声が駅前に響くようになりました。特に待ち合わせをしなくても、知った顔に出会うことも多く、すでに「屋台に行けば誰かに会える場所」となっているようです。
さあ、私もKOILで仕事をした後、フラっと寄ってみようかな?誰かに会えそうな気がします。

 

 

 

 

「柏の葉 かけだし横丁」 _mg_8136

住所:千葉県柏市若柴 柏の葉キャンパス311街区
アクセス:つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅下車1分 北方高架下
HP:https://kakedashi.jp/

[post_title] => Vol.21 スマートシティに屋台が並ぶ!?「柏の葉 かけだし横丁」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => open [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-21 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2018-10-19 16:29:08 [post_modified_gmt] => 2018-10-19 07:29:08 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=1463 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [15] => WP_Post Object ( [ID] => 1365 [post_author] => 9 [post_date] => 2018-08-22 17:55:48 [post_date_gmt] => 2018-08-22 08:55:48 [post_content] =>

朝夕が過ごしやすくなり、今年の夏もそろそろ終わろうとしています。あんなに「暑い暑い!」と苦しんでいたくせに、秋の気配を感じた途端、“去りゆく夏”を名残り惜しむという…人ってほんとにわがままですよね。そんないつまでも夏の空気を感じたい方のために、今回ご紹介するのは柏駅近くに今年7月オープンした「THE LIFE by MarcheBATON 柏」。屋上のビアガーデンで電車を見ながらクラフトビールをしみじみ味わえる、居心地抜群のカフェ&ビアホールです。

朝の『おはよう』から夕方の『おかえり』まで

目覚めのコーヒーからお疲れ様の一杯まで。「ここに来るとホッとする」という生活の一部のような店、それが「THE LIFE by MarcheBATON 柏」です。今年、7月にオープンしたばかりですが、すでに行きつけにしているお客さんも増えているようです。平日の朝は6:30開店というかなり早いスタート時間ですが、朝食を兼ねて外で仕事を始めるノマドワーカーにとっては「こんな店ができるのを待ってました!」という感じだとか。Wi-Fiと電源完備というのも嬉しいですね。

_mg_7935■ 6:30~11:30 は、朝から気持ちよく仕事ができる時間帯

_mg_7956■サンドイッチはテイクアウトもOK

_mg_7943■好みでカスタマイズできる自家製リッチグラノーラ(コーヒー・紅茶付き)

_mg_7947■51席の広い店内。奥のカウンターがグラノーラバーやランチのサラダバーに
_mg_7962■9席のカウンターは1人で来ても居心地の良い席。カウンターの前にはスクリーンが設置できるようになっているので、スポーツのパブリックビューイングなども企画できます

「THE LIFE」は実は以前ここでもご紹介した、柏の人気肉バル「MarcheBATON」の姉妹店です。
「“コーヒーからワインまでつなげるお店”をやりたいとずっと思っていたのですが、なかなか『MarcheBATON』のキャパシティやマンパワーだと難しかったんです。でも、このビルへの入居のお話しをいただいた時に、_mg_7823ここなら駅にも近いし広さもあるので可能かな?と思いまして」とオーナーの森田晋介さん。実はこの建物に入るには「柏のまちづくりに寄与する」という条件があったそうです。そこで森田さんは飲食店がまちづくりのためにできることは何かを考えてみました。
「外から人を呼びこむことって大変ですよね。でも、“人をまちに引き留める”ことは1つの店舗でもできるのではないかと思ったんです。朝の『おはよう』から夕方の『おかえり』まで、そこに行けば言ってもらえたり、ずっと1日中過ごせたりする店があるだけでも、柏は居心地がいいまちだと思ってもらえるのではないかと。それから、仕事や学校の都合で柏から離れることがあっても、いつかまた戻ってきたいと思ってもらえる…それが私たちにできる『柏のまちへの寄与』ではないかな?と考えました」。造りはおしゃれなカフェですが、中身は昔ながらの大衆食堂のような温かさが「THE LIFE」の目指しているところなのだそうです。

地元農家直送野菜とオリジナリティあふれるランチメニュー

さて、「THE LIFE」のお昼の目玉は、柏の農家直送の新鮮野菜を好きなだけ食べられる「ろじまるサラダバー」と日替わりの「LIFE丼」。日替わりの丼は、世界各国の料理を丼にしたもので、若きシェフがさまざまな料理に挑戦しています。その他、季節のキッシュやサンドイッチなど、どれも季節感あふれる一品となっています。
_mg_7993■鮮度抜群の「ろじまるサラダバー」野菜好きにはたまりません!
_mg_7998■サラダだけではなく、ボリュームあるデリ3~4種も好きなだけ!
_mg_8001■クラフトビールと生クリーム、レモンを使った「ビールドレッシング」はビールの香ばしさとクリームのまろやかさが絶妙
_mg_8033■日替わりの「LIFE丼」。今回は「オッソ・ブーコ」というイタリアの牛スジ肉の煮込み料理を丼にしたもの。爽やかなハーブとスパイスが食欲をそそります

_mg_8043_mg_8046■簡単なランチにしたい人は、キッシュとカフェオレで

 

夜はやっぱりビールとチキン!大勢でも1人でも楽しめるメニュー

「MarcheBATON」のウリは豚肉でしたが、「THE LIFE」はローストチキンがイチオシメニューとなっています。1羽丸ごとローストにした豪快なメニューはグループのお客さんに大好評だとか。チキンはクラフトビールとよく合います!

_mg_7829■国産、海外産などの希少なクラフトビールを常時15種用意

_mg_7850■「MarcheBATON」と同じく野菜を使った前菜盛り合わせは人気メニュー

s__mg_7863■ローストチキンは自分でさばけるようにハサミが付いてくるので、パーティも盛り上がること間違いなし!もちろん、スタッフにさばいてもらうこともできます

 

「THE LIFE」では開店するにあたり、食材はもちろんですが、それを盛り付ける器を選ぶにも料理人のこだわりに重きをおいて、実際にサンプルのグラスにワインを注いだり、料理を盛ってみてから、より理想的な器を揃えてきたのだそうです。また陶器市などで、窯元から直に買い付けてくるなど、器類にも力を入れています。

電車好きにはたまらない屋上ガーデンスペース

紹介するのを忘れてはならないのが「THE LIFE」の目玉、「屋上ガーデン」です。来店した人は必ず上がってみたくなるという人気のスペースは、夜になると電車が行き交うところを見下ろしながらクラフトビールを飲めるビアガーデンとなるのですが、これからの季節、朝から昼にかけても気持ちの良い空間になりそうです。
「先日の休日の朝、2組の親子連れの方がこの屋上で過ごしていらっしゃったのを見て、とても感激しました。お子さんが電車を見ながら遊んでいて、お父様やお母様は本を読みながらコーヒーを飲む。そんなふうに家族がそれぞれ楽しい時間をゆっくりと過ごしている光景がここで見られることが私の理想だったんです。あのお子さんが大きくなった時に、ここの屋上の風景とか空気感が子供時代の原風景になってくれたら嬉しいです」と森田さん。この時間の流れこそが「THE LIFE」を象徴しているのですね。

_mg_7986■JR常磐線と東武野田線が行き交う柏駅を見下ろして。なぜか見飽きない風景がそこにあるのです。

s_img_1635■夜の屋上ビアガーデン。夜は大人が一息つける場所に

LIFE=生活を豊かに…柏に住んでいる喜びを感じられる店に

「THE LIFE」を作る当初 、“男性が1人でも入れて落ち着けるカフェ”というイメージがあって、それに合わせて内装を考えたのだそうです。
「イスの背もたれの布は“純喫茶”のイメージなんです。あと、グレーのインテリアも落ち着いた感じですが、照明によって雰囲気が変わるんですよ。ただ、男性が好むかなと思っていたのが、開店してみると若い女性にも好評で驚いています(笑)」。

_mg_7966■自宅のリビングのように落ち着く雰囲気。グレーの棚がおしゃれ

_mg_8023■古い写真が飾ってある…とおもいきや、野菜生産者の畑やスタッフの写真でした

開店してまだ約2か月の「THE LIFE」。オーナーの森田さんを中心に、若いシェフやスタッフ全員でこまめにミーテイングを行い、より良い店になるようにまだまだ試行錯誤の毎日だとか。「お客様にも屋上をはじめとして、ホール内ももっとさまざまな使い方をしていただきたいですね。ただのカフェではなく、生活の一部としてここを使っていただければ」と森田さんは語ります。
_mg_8020■森田さん(左)とスタッフの皆さん。いつ来ても元気な挨拶で迎えてくれます

どんなメンバーで来てもOKな雰囲気のお店なのですが、ここはやはり大勢で。仕事仲間と屋上ビアガーデンで「お疲れ様!」の乾杯をしにきます!

「THE LIFE by MarcheBATON 柏」 _mg_8060
住所:千葉県柏市柏1-1-8-2F
TEL:04-7128-7724
営業時間:
【月~金】≪Morning≫6:30~11:00≪Lunch≫11:30~15:00
≪Cafe≫15:30~17:00≪Dinner≫17:30~23:00
【土日祝】≪Morning≫9:30~11:00≪Lunch≫11:30~15:00
≪Cafe≫15:30~17:00≪Dinner≫17:30~23:00
定休日:不定休
アクセス:柏駅南口徒歩1分、マルイの中を階段で降りて1階右手出口からすぐ
HP:https://life-bybaton.owst.jp/

[post_title] => Vol.20 「おはよう」から「おかえり」まで…生活に欠かせない店を目指して「THE LIFE by MarcheBATON 柏」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => open [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-20 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2018-08-22 18:03:38 [post_modified_gmt] => 2018-08-22 09:03:38 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=1365 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [16] => WP_Post Object ( [ID] => 1312 [post_author] => 9 [post_date] => 2018-07-27 18:16:32 [post_date_gmt] => 2018-07-27 09:16:32 [post_content] =>

「仕事帰りにちょっと一杯」、「すき間時間に軽くひっかけるだけ」。そんなふうに気軽に行けるため、老若男女問わず人気のセンベロ。“1,000円でベロベロに酔っぱらうことができる”ということから、安くておいしい大衆酒場のことをセンベロというのですが、東京のビジネス街の近くには、かなり昔から営業している「センベロ酒場」がたくさん存在しています。今回はそのうちの一つ、50年以上の歴史を持つ茅場町の「ニューカヤバ銘酒コーナー」をご紹介します。縄のれんの向こう側にある“男の憩いの場”をチラッと覗かせていただきました。

大企業の街・茅場町で半世紀続く大衆酒場

東京証券取引所が近いことから、証券会社や大企業の本社が多く立地する日本のビジネスエリア茅場町。半世紀もの間、そこで働く企業人たちの憩いの場として愛され続けてきた大衆酒場「ニューカヤバ銘酒コーナー」は、話題のセンベロの先駆けとも言えます。その歴史ある酒場を伺って、その人気の秘密や、昔も今もほとんど変わらず続いている独特のルールなどを探ってきました。

_mg_7651■ 入口は普通の車庫の奥。知らないとどこに店があるのかわからないのでは? 赤ちょうちんが目印

1964年10月に「ニューカヤバ」はオープンしましたが、酒屋としては明治時代に創業。そこで人気のあった角打ちからの流れで「カヤバ」として店舗を持ったのが現在の「ニューカヤバ」の始まりです。
「父と母(女将)が始めた酒屋は茅場町の別のところで開業していたのだけど、居酒屋という形にする時に、それまで倉庫として使っていたここを店舗にしたんです。だからこんな感じで車庫の奥の方にあるんですよ。ほとんど当時から内装とか変わっていないのですが、東日本大震災を機会に耐震補強工事はしているので大丈夫ですよ(笑)」と女将の娘の服部容子さん。昔から特に店の宣伝などはしていないのに、近隣に勤めるサラリーマンの人たちが代々通ってくれているので、困ったことはないのだとか。自分で見つけて来た方や、誰かに連れられてきた方、それに最近はセンベロブームもあり、ネットで見つけて訪れる方も多くなったとか。外国からのお客様も増えたそうです。
_mg_7537■店内にはお酒のコイン自販機がズラリ!通常、立ち飲みで30人くらいが定員。

『男性専用車両』があってもいいじゃない?


創業53年の「ニューカヤバ」ですが、長く続いてきた中でいくつか独特なルールが生まれ、守られてきました。その一つは「女性の一人客お断り」。ちょっとびっくりしますが、それはお客様にストレスを感じずに落ち着いて飲んでいただくためのルールなのだとか。「女性一人や、女性同士の方が、こんな感じに男性…ほぼオジサンで満員のところに入ってくると、一瞬にして店内の空気が変わってしまうんですよ。そうすると、仕事帰りに力を抜いて飲みにいらしている男性がリラックスできなくなってしまう。なので、初めから『男性専用車両』ってことにしちゃった方がいいかなと。ただ、カップルや男性グループの中に一人だけ女性、という方は例外にしています」と容子さん。いかに自然体で飲める場所であるか、を大切にするがゆえにできたルールなのですね。

_mg_7642■店内はいつも平和なオジサン天国

1杯100円のお酒自販機でセンベロ体験

次に、「店内は全てセルフサービス」であることも長年のルール。それにはオリジナルのお酒自販機の存在は必須となっています。一番古いので店と同じ53年物から、25年物、10年物と新しいというものでもなかなかな年代物。100円で1杯(ウイスキーは200円)というリーズナブルな価格でお酒を提供できるのもこの機械たちのおかげなのです。では、私たちもお酒自販機、体験してみますね!
_mg_7543■右の白い「白波」の機械は酒屋さんが作ったもの。それを元に、青と赤の機械をメーカーが作った

_mg_7545■焼酎の機械は場所をとらない吊り下げ型

_mg_7549_mg_7554

■「ニューカヤバ1964自然落下方式酒販機第一号機」53年の歴史を感じる第一号機

_mg_7547

■第一号機を修理してくれた機械メーカーに頼んで作ってもらった、新しい壁掛けタイプ。デザインもキレイで場所をとらない優れもの

自販機でお酒を購入してみよう!

しかし…自販機にコインを入れる時、ワクワクしてしまうのはなぜでしょう?出てくるものはわかっていても、期待通りにコップにお酒が注入されるのを見ているのも楽しくなります。

 

 

 

_mg_7588■では、コインを入れます!

_mg_7592

■おお、出てきました!あくまでも「コップを置いてからお金を入れてください」と注意書きがあるのを見ると、酔っぱらってコップ置くのを忘れちゃう人も多いんでしょうね

 

_mg_7595_mg_7599_mg_7602

■こちらの日本酒の機械でもやってみましょう!この機械には「ひや酒」か「かん酒」か選べるボタンが付いています

手づくり小鉢料理はあくまでもお酒のアテ

実は日本酒と焼酎をいただく前に、ビールで乾杯していました。ここでは日本酒やウイスキーよりもビールの方が高いんです。そして、酒のアテになる小鉢もセルフサービスで。カウンターに並ぶ小鉢の一品料理(1皿200~300円)の中から選んでその場で購入。自分で席まで運びます。

_mg_7567_mg_7575■通常15種類程度があり、ほぼ定番メニューで、季節や仕入れ状況によって具が変わる。マグロやタコなどの刺身は毎日築地で仕入れている他、近所の豆腐屋の手作り豆腐の冷奴など、材料調達の便利さは茅場町ならでは。人気メニューはポテトサラダや女将の手作りきんぴらごぼう。

_mg_7586■さて、我々もおすすめのきんぴらと冷奴をアテにとりあえずビールから!

セルフ焼き鳥コーナーは究極の大人のエンタメ体験

そして、3つ目のルール「セルフ焼き鳥は4本まで」。セルフで焼く焼き鳥というのがまず面白いですが、なぜ一人4本なのでしょう?
「セルフ焼き鳥コーナーは、父が他のところにあったのを見て、『あれ、いいね』ということで採用したのですが、これがなかなか人気あるんです。皆さん、すごく楽しそうに焼かれるんですよね。ここでも場所を譲り合いながら、いい感じにコミュニケーションが取れているようです。そしてなぜ4本なのかというと、うちは焼き鳥屋じゃないので(笑)焼き鳥を食べたい人は、この後にちゃんとした焼き鳥屋さんに行っていただければと。周りにたくさんありますからね」と容子さんが楽しそうに語ってくれます。実はみんな、焼き鳥を焼いてみたいんですね。
_mg_7553■これが噂のセルフ焼き鳥コーナー
_mg_7611■焼き鳥職人になったつもりで本気で焼くオジサンも。置き方や返すタイミングなど、結構追求しながら焼くと楽しくて、「焼いていると嫌なことも忘れられる」という人も
_mg_7619■「ここまで並べますね」「焦げそうですよ」ここでも譲り合いの精神が求められる

実は小さな器にもこだわりが…

楽しくてすっかり忘れていましたが、食器のことも伺いましょう。こちらの食器をセレクトする時に気を付けていることはどんなことでしょう?
「うちは小鉢や小皿をたくさん使うのですが、大事なのは“ラップがかけられること”。結構和風の皿でスルスルとした表面のものはラップが固定しないんですよ。あと、重ねられるとか、糸尻の部分が安定しているとか、そうして選んでいると案外少なくて。お酒のグラスに関しては、メーカー提供品を使っています。そこにお金をかけちゃうとお酒を安く提供できなくなってしまうので」。なるほど、いかに安く安定的に料理やお酒を提供できるか?が「ニューカヤバ」の器選びの基準になるのですね。

_mg_7572■和柄で料理が映えるもので、サイズ感も同じくらい、でも違う柄。そしてラップがかけられるもの

女将たちのやさしさに包まれている“オジサンたちのオアシス”

黙々と料理を作る女将と、元気でよく通る声で接客をする容子さん。_mg_7645お二人が毎日毎日、変わりなく整えているこの「ニューカヤバ」の環境といくつかのルールは、全てお客さんたちが仕事帰りの少しの時間、気持ちよく過ごして帰ってもらうため。そして50年近く、変わらず居心地の良い空間とお財布にやさしい価格で料理やお酒を提供するためには、努力と創意工夫、そしてやさしさが隠されていることがわかりました。

さて、ここには…私一人や女友だちとは来れないので、お給料日前のオジサンたちと行きたいですね。「炭火で焼き鳥焼いてみたい人!」と言ったら絶対数人手をあげるはずです。


「ニューカヤバ銘酒コーナー」_mg_7647

住所:東京都中央区日本橋茅場町2-17-11
TEL:非公開
営業時間:17:00~21:00
定休日:土・日曜、祝日、年末年始
アクセス:東京メトロ日比谷線・東西線「茅場町駅」から徒歩3分

[post_title] => Vol.19 企業戦士たちの心のオアシス「ニューカヤバ銘酒コーナー」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => open [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-19 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2018-07-27 19:53:59 [post_modified_gmt] => 2018-07-27 10:53:59 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=1312 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [17] => WP_Post Object ( [ID] => 1240 [post_author] => 9 [post_date] => 2018-06-29 01:05:04 [post_date_gmt] => 2018-06-28 16:05:04 [post_content] =>

地元で採れた新鮮な野菜をたくさん食べたい!最近、そんな衝動にかられるのですが、そういう時に行きたいのが農産物直売所。最近の野菜は見た目も味もさまざまなものが作られているので、買い物をしながら「どんな料理を作ろうかな?」と考えるのも楽しいものです。今回ご紹介するのは、そうした地場野菜を使った料理をビュッフェ形式で堪能できるレストラン「さんち家(さんちや)」をご紹介します。読んだ後、きっと野菜が食べたくなりますよ!

産直所直営レストランだから新鮮な野菜しか使わない!

本格的な夏が近づくと、ナスやキュウリ、トマト、枝豆などの野菜や、メロン、ブドウ、スイカなどみずみずしい果物が店先にたくさん並びますが、暑くなってくると、身体を冷やす作用があるという夏野菜を食べたくなるのは、やはり自然の流れなのかなと思ってしまいますね。そんなふうにモリモリ野菜を食べたい時は、農産物直売所で朝採り野菜をたくさん買うのですが、千葉県柏市にある「かしわで」もそうした地元生産者が育てた野菜を販売している産直所です。いつも新鮮な野菜を求めて多くの人で賑わっている「かしわで」ですが、今年6月に2周年を迎えた直営のレストラン「農家レストラン『さんち家』」が隣接していて、販売所と同じく地域の人気スポットとなっています。


s__mg_7486■ 農家の縁側を思わせる素朴な木造の店舗。赤い暖簾が目印

s__mg_7400■広々としたフロアは、土日となると家族やグループ客でいっぱいに

s__mg_7393■大きな窓の外にはのどかな風景が拡がっている

食べ終わった後にトータルでおいしかったという記憶が残る料理

「さんち家」が「農家レストラン」である由縁は、ここを切り盛りするスタッフのほとんどが地元の生産者とその奥様で、自分たちの作った野菜を使った料理がメインであるから。もちろん、ほとんどの食材が「かしわで」で売っているものになります。
そもそも農産物直売所がレストランをやろうというきっかけは、「地域生産者と地域住民のためになるものを作りたい」という染谷社長の想いからでした。それは直売所を作った時も同じでしたが、せっかく新鮮な野菜を買ってもらうなら、「生産者が野菜をどうやって調理しているのかとか、実はこんな食べ方がおいしいんですよ」、という提案をするには実際に食べてもらうのが一番だったからなのだとか。

s__mg_7396■食材として使っている季節の野菜がお出迎え!

「農家の家庭料理といっても、お客様にお出しするものですから、クオリティチェックはきちんとしています。家庭料理ではありますがお金をいただく限り、それを超えるものでないといけない。そして、気をつけているのは、食べ終わってからトータルで『おいしかった!もっと食べてみたい』と思っていただける味にすること。あとで、しょっぱかったな、甘かったな、辛かったなという感想が残らないようにしています」と店長の和田さん。立ち上げ当初から、メニュー開発などすべてスタッフ全員で取り組んできていますが、最初はまったくの素人だった調理スタッフをプロとして通用するように育成してきたのは和田さんでした。「私は裏方。最後の調整や困った時に助け船を出すだけ」と謙虚な姿勢でスタッフの皆さんを見守っています。

そして何より「さんち家」のすごいところは、ビュッフェで出している料理は閉店間際まで欠品のないように作っていること。「私たちに『ありません』という言葉はありえません。もし、お皿になくても、スタッフに声をかけていただければ必ずご用意します」という、お客様を第一に考えている経営方針が素晴らしいです。「隣からすぐに調達できるので食材がなくなることもないんですよ」と聞いてさらに納得。なるほど、それは産直所直営の良さですね。

s__mg_7479■「○○がなくなりましたー!」「はーい!今入ります!」など元気で気持ちの良い掛け声が飛び交う厨房。お互いの連携がとてもうまくいっている空気が伝わってくる

新鮮野菜を使った彩り豊かな料理は心からホッとする味

「さんち家」の料理は肉と魚など動物性の食材はいっさい使わず、タンパク質は豆腐や湯葉、麩などの植物由来の食材のみです。しかも、開店してから2年経ちますが、肉や魚を使ってほしいというクレームはほとんどないそうです。その満足度の高い料理の数々は、100種類以上の野菜をふんだんに使った約50品目 を常時用意。70分の食べ放題ビュッフェ形式で提供しています。(大人1400円、小学生900円、3歳以上500円 すべて税別)。

s__mg_7427■全部食べたらお腹いっぱい!?どれもおいしそう!

s__mg_7444s__mg_7432■一品一品、違った味のある器。盛り付けも美しい
s__mg_7446■毎月メニュー計画を建てているが、実際はその日に採れた野菜を使うため、毎日まったく同じものにはならない

s__mg_7469■不動の人気メニュー「季節野菜のグラタン」

s__mg_7448

 

 

■サラダバーのドレッシングも手づくり

 

 

 

 

 

 

 

s__mg_7454

 

■本日のデザートはメロン!2周年記念の特別メニュー

 

 

s__mg_7464

s__mg_7470

 

■ドリンクコーナーも、毎日仕込んでいる甘酒やハーブティー、野菜ジュースなど、「さんち家」ならではの品揃え

 

 

家庭の食卓の延長線上にあるレストランという意識

「さんち家」の厨房を実際に統括管理しているのは、リーダーの長妻さんと濱嶋さん。スタッフ28名すべて女性という職場ですが、立ち上げ当初からメンバーがほぼ変わっていないということもすごいことです。スタッフ間のコミュニケーションがうまくいっているということであり、また、仕事そのものにもやりがいを持って働いていることがわかります。
「開店1年前から、メニュー作成などすべてスタッフ全員で考えて取り組んできました。自分たちの意見が反映されて、さらにレシピが和田さんによってブラッシュアップされていく。大変ですがとても楽しく、やりがいのある仕事です。この2年間でスタッフの調理技術も格段に上がりました」と濱嶋さん。「『さんち家』で働く前は生産者として『かしわで』に出入りしていました。
ちょっとお手伝いをするつもりだったのですが、今では農作業よりこっちがメインになってます」と話す様子はほんとに楽しそう。お客様から「レシピを教えて」と言われることも多く、また、子ども連れの方から「家では嫌いで食べなかった野菜なのに、ここで食べてから食べられるようになった」と言われて嬉しかったそうです。
「人気の定番メニューがあって、よく作り方を聞かれるのが『揚げゴボウ』です。スチームで柔らかくしてからお出汁に漬けて、それに粉をつけて揚げるという行程のもとに作っています。なので実はとても手が込んでいるので、ここに来て食べた方が楽でおいしいと思っていただけたりします(笑)」。おいしさの裏にはていねいな作業と食材を大切にする気持ちが盛り込まれているのですね。

s__mg_7512■「『さんち家』でいろんな料理を作ってお客様に喜んでいただくと、今度はいろんな野菜を作りたくなりますね」と濱嶋さん

「さんち家」が目指すのは感動してもらえる家庭料理

「さんち家」がただの野菜ビュッフェではないことがわかっていただけたでしょうか?
家庭料理+αが「さんち家」が目指すところの料理とのことですが、その絶妙なバランスを継続して作り上げることはとても大変だと思いました。

s__mg_7476■訪れる人は柏市内に限らず、近隣他県からも。静岡や仙台からのお客様もいたのだとか

s__mg_7477■いろいろな種類を少しずつ。手元の皿も美しく盛られていく

開店前は周辺に住むお客様が多いことを予想していたそうですが、ふたを開けてみると実は野田、松戸、我孫子などの近隣の街だけでなく、遠方他県から来る方もいるのだとか。また、「いつ来ても違うものが食べられる」と、友人と来て、次は家族で…と来店するリピーターも多いようです。でも、料理の味の良さはもちろんですが、スタッフさんたちが楽しそうにそして気持ちよく働いているのが、「ここにまた来たい」と思う理由になっているのではないかな?と私は思うのです。

土日は予約をして行った方が良いみたいですが、ねらい目は平日。野菜大好き女子のグループでワシワシとたくさん食べに来たいですね!あと、甘酒も飲みたい!!
帰りは「かしわで」で野菜を買って、気に入った料理をお家で再現してみるのも面白いですね。

 

農家レストラン「さんち家」s__mg_7493

住所:千葉県柏市高田100
TEL:04-7199-3364
営業時間:ビュッフェレストラン 11:00~15:00
スイーツ・ドリンク 9:30~16:00
定休日:水曜(祝日は営業)
アクセス:JR・東武野田線「柏駅」西口、東武バス「2番乗り場」から乗車 「八ツ原入口」下車 徒歩5分
HP:http://www.kasiwade.com/

[post_title] => Vol.18 新鮮野菜の家庭料理を思う存分召し上がれ「農家レストラン『さんち家』」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => open [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-18 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2018-06-29 17:52:16 [post_modified_gmt] => 2018-06-29 08:52:16 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=1240 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [18] => WP_Post Object ( [ID] => 1187 [post_author] => 9 [post_date] => 2018-05-23 16:57:45 [post_date_gmt] => 2018-05-23 07:57:45 [post_content] =>

パンダのシャンシャン誕生で賑わう上野動物園、西洋美術館や国立博物館などの文化施設を含む「上野恩賜公園」や、年中お祭りのような商店街「アメ横」などで知られる上野は、平日休日を問わず、外国の方々もたくさん訪れる人気観光スポットになっています。今回はその上野・湯島エリアで3店舗を展開する焼き鳥専門店「鳥恵」の湯島本店をご紹介します。夜風が涼しい今の季節、焼き鳥で一杯飲んだ後の池之端の散歩はとても気持ち良いですよ。

そぞろ歩きの似合う湯島の路地裏に佇む、風情ある焼き鳥専門店


湯島界隈には小料理屋やバルなどの小さな飲食店が所狭しと立ち並んでいる路地裏があります。その中にある「鳥恵 湯島本店」は軒先に吊るされた大きな杉玉が目印。「鳥恵」はこの湯島本店、上野広小路店、そして上野黒門店の3店舗を上野・湯島エリアで展開している焼き鳥専門店です。3つの店舗はそれぞれ違った趣で、本店は少人数で来店する方が多い、こぢんまりとした造り。2号店の上野広小路店はミシュランのビブグルマン(5,000円以下で食事ができる、おすすめレストラン)を2年連続獲得し注目されてから予約の取りにくい超人気店に。小上がりの個室もあるので、接待や宴席などにも重宝されています。一番新しい上野黒門店は本店より少しキャパは大きいが落ち着いた雰囲気の店。客層や来店用途は少しずつ違っているため、使い分けするのも良いかもしれません。

s__mg_7378

 

 

 

 

■湯島本店の上品で落ち着いた雰囲気の入口

 

 

 

 

 

ただ美味いだけじゃない、居心地の良さも「鳥恵」の魅力


オーナーの小澤俊正さんが「鳥恵」を立ち上げたのは2009年。大塚の焼き鳥の名店「蒼天」で修業を積み、柔らかく味わい深い焼き鳥を焼き上げる技術と経営の知識を身に付け、生まれ育った上野・湯島エリアに店を開きました。小澤さんの店づくりにかける想いとして、焼き鳥の味や質はもちろん重要ですが、それと同じくらい「痒い所に手が届くような接客」を大切にしています。「鳥恵」3店舗にはまさにそれが反映されていて、カウンター越しの会話やお客様に対するスタッフの気配りなど、一度訪れたらまた行きたくなる店であることは間違いありません。


s__mg_7267■目の前で焼く様子を見ながら飲むのが楽しいカウンター

s__mg_7244■グループでの利用は奥のテーブル席で

s__mg_7260

 

 

 

 

 

■焼き鳥に合うようにセレクトされたお酒がズラリ

 

 

 


「鳥恵」の内装は“和”を基調にしながら“洋”を上手く織り交ぜた和洋折衷。赤ちょうちんのイメージが強い焼き鳥ですが、ここは女性が1人でも抵抗なく入れるおしゃれな雰囲気です。器に関してもこだわりを持っていて、ほとんどが世田谷にある窯で作ってもらうオリジナル。料理がおいしそうに見えるだけでなく、とにかく丈夫。有田、信楽、天草、越前などの焼き物の特徴をうまく合わせて作り出しているのだそうです。

s__mg_7221■「鳥恵」の刻印が入った平皿。タレと塩に分けて置けるくぼみがついている

s__mg_7233

 

 

 

 

■串入れや箸置きも特製。手づくりなので形も色もまったく同じものはない

 

 

 

 

 

絶妙な焼き加減で仕上げる“焼き手”は元バーテンダー


「鳥恵」に来たらぜひ注文していただきたいのが「焼き物コース(5本・7本・10本)」。焼き物をフレンチのフルコースのように1本ずつ堪能できます。この1本1本を素材に合わせて絶妙な火加減で焼き上げるのが、湯島本店の焼き手・菅原雅人さん。s__mg_7304実は菅原さん、前職は柏のオーセンティックバーのバーテンダーだったのですが、焼き鳥が好きで「鳥恵」に客として通っていたところを小澤さんにスカウトされて、この世界に入ったのだそうです。
「こちらに来てから今年で丸4年、焼き手になってからは2年です。串を1本刺すにも刺し方一つで、また、ほんの少しの焼き加減でも味が変わってしまう、焼き鳥ってとても奥が深いんです」。生まれ育った秋田から、たまたま友人がいたために柏に住むことになり、そこでバーの求人を見てバーテンダーとして9年勤めました。「バーテンダーになったのも、小澤社長に声をかけていただいて焼き鳥の世界に入ったのも、“ご縁”あってのことです。不思議ですが、“ご縁のある出逢い”の流れに乗って生きてきて、今まで間違いありませんでした(笑)」と菅原さん。炭火を前に焼いている姿を見ていると、むしろ最初から焼き手だったようにしか見えません。今では「菅原さんが転職した時はびっくりした!」という前職のバーの常連さんたちも、しばしば来店してくれるのだとか。

さて、焼き手・菅原さんの技を見せていただきましょう、ということで、串をいただく前に「鳥恵」オリジナルの一品料理から。

s__mg_7360
■「お通し(季節の野菜を使った小鉢と吸い物など3種)」最初にこれが出てきただけで気持ちがあがる

 

 


s__mg_7330■「皮ポン酢」焼いた皮を使うため、とても香ばしい

 

 

 

s__mg_7275■「パテの2種盛り」ワインだけでなく日本酒にも合う人気の一品。レバーパテと、クリームチーズとナッツのパテの盛り合わせ。
s__mg_7315■「燻製4種盛り」
名古屋コーチンの胸肉、砂肝、チューリップ、チーズの燻製。凝縮された旨みをじっくり味わって。ボリューム満点な一皿
s__mg_7348■「焼き物おすすめ5本コース」その日おすすめの5本が次々と楽しめる。ささみから始まって、レバー、カモ、ツナギ(ハツとレバーの間)、滋賀の淡海地鶏もも。希少部位も豊富にあるので、焼き鳥ラバーには嬉しい品揃え。

s__mg_7370■「親子丼(スープ付き)」人気の〆はやはりこれ。一度炭火で焼いた香ばしい鶏肉がふわとろの卵と合わさった親子丼は専門店ならでは。写真はハーフサイズ
s__mg_7341

 

 

■日本酒 栃木県の「姿」
「鳥恵」のために瓶詰めされた限定の純米吟醸無濾過生原酒。毎年、米や麹の配合を微妙に調整して、その年のオリジナルを作っている。焼き鳥に合う日本酒が揃っている他、ケンゾー・エステイトなどワインのラインナップも充実。元バーテンダーのセレクトだけに、ハイボールもバー・クオリティだ

 

 

 

 

幅広く、いろんな世代に焼き鳥を楽しんでもらいたい


s__mg_7282
ますます人気が高まっている「鳥恵」ですが、4店舗目も予定はあるのでしょうか? 「今ある店とはちょっと違う、気軽に入れる感じのもう少しお安めの店を考えています。もちろん、味のクオリティは下げませんが」と小澤さん。若い人たちでもおいしい焼き鳥が食べられるようにと、いろいろお考えのようです。楽しみですね!

この湯島本店は、平日はお仕事帰りの方、土曜は家族連れも多いオールラウンドな店舗だそうです。となると、さて、誰を連れて来ましょうか?
カウンター席で隣に座って、1本ずつ焼きあがったら食べる…結構長い時間親密に話ができるシチュエーションです。実は今まであまり話をしたことがなかったあの人と、じっくりサシ飲みできるなぁ…なんて思ってしまいました。大人のデートにピッタリです!
もし、2人で行く時も電話でお席があるか聞いてから行ってみてくださいね。

「鳥恵 湯島本店」
住所:東京都文京区湯島3-46-9 s__mg_7383
TEL:03-5818-4277
営業時間:月~金曜 17:30~23:30(L.O.23:00)
     土曜・祝日 17:00~23:00 (L.O.22:30)
定休日:日曜
アクセス:東京メトロ千代田線「湯島」駅2番出口徒歩1分
     JR「御徒町」駅北口徒歩5分
HP:https://sumibiyakitori-torie.wixsite.com/torie

[post_title] => Vol.17 裏路地の大人の隠れ家・焼き鳥専門店「鳥恵 湯島本店」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => open [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-17 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2018-05-24 15:30:56 [post_modified_gmt] => 2018-05-24 06:30:56 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=1187 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) ) [post_count] => 19 [current_post] => -1 [in_the_loop] => [post] => WP_Post Object ( [ID] => 2237 [post_author] => 9 [post_date] => 2020-03-20 22:45:49 [post_date_gmt] => 2020-03-20 13:45:49 [post_content] =>

屋外でのアクティビティが気持ちの良い季節になりました。最近はちょっとした屋外イベントやショッピングセンターなどにもキッチンカーが出店していて、青空の下でもあたたかい料理を食べることができます。遠出しなくてもデイキャンプ気分を楽しめるのがいいですね!
今回はおしゃれなキッチンカーやフードトレーラーを店舗としているカフェ「EAGLE NEST CAFE」をご紹介します。

アウトドアのワクワク感を味わえるトレーラーハウスカフェ

手賀沼を中心に自然に囲まれた千葉県柏市・沼南エリア。デイキャンプやヨット、サイクリングなど、首都圏内にありながら近場で気軽にアウトドアを楽しめるため、市内や近隣だけでなく、都内からも多くの人が訪れる観光スポットとして近年注目されています。その手賀沼近くに昨年10月オープンした、今話題のトレーラーハウスのカフェ「EAGLE NEST CAFE」に行ってきました。

■県道8号線(船取街道)沿い、この看板が目印!
■キッチンやイートインスペース、雑貨店もオリジナルデザインのトレーラー
■フードトレーラーのキッチン。ここで注文を受けて、調理する

大きいだけじゃない!イタリア料理20年歴シェフの絶品ハンバーガー

「EAGLE NEST CAFE」は、キッチンのあるフードトレーラー、雑貨売り場2棟、イートインの、ヴィンテージアメリカンスタイルのトレーラーハウス4台で、ウッドデッキを囲むように構成されています。これらのトレーラーはすべて、カフェを運営している「EAGLEVALLEY」によるオリジナルメイド。カフェは「EAGLEVALLEY」の敷地内にあるため、作りかけのトレーラーが置いてあるなど、なかなかワイルドな雰囲気ですね。

「EAGLE NEST CAFE」のフードメニューはアメリカンタイプのハンバーガーがメイン。すべてセントラルキッチンカーで注文を受けて、そこで調理しています。これからハンバーガーのバリエーションを増やす予定だとか。その他、ワッフルなどのスイーツ系やハンドドリップコーヒーを販売しています。

■お天気の良い日なら、テイクアウトやデッキのベンチで食べるのがおすすめ

キッチンカーの中で調理しているのはイタリア料理人歴20年のシェフ・髙橋さん。ヨーロッパやアメリカでも経歴を重ねてきた髙橋さんがなぜ、フードトレーラーで料理を作ることになったのでしょうか?

■髙橋さんが料理人になったきっかけは、小学生の時に見た料理のドラマやアニメを観て料理に興味を持ったことから。さらに掘り下げると、父親が和菓子職人で、その仕事を近くで見たり手伝ったりしたことが人生に大きく影響している

「キッチンカーとのつながりは、浜松で知り合いのシェフがキッチンカーに興味を持っていて、そのシェフのサポートができるように…と、勉強してしっかりとした事業計画を提案したところ、その計画書を見た地元の先輩から、千葉にトレーラーハウスのメーカーがあって、代理店を探していると、『EAGLEVALLEY』を紹介してもらいました」と語る高橋さん。その縁から「EAGLE NEST CAFE」のプロデュースを任されることになったのだそうです。

■「EAGLE NEST CAFE」のHPやパンフレットの写真も髙橋さん自ら撮影したもの。料理人をしながら休みの日は社会人学校で撮影についても勉強して、機材もプロ並みにそろっているのだとか。時代や状況に合わせて料理内容を変えたいと思ったらすぐに、自分でレシピもメニュー表なども作り替えることができるという、スピード感が彼の最大の強み

さまざまなフードトレーラーが活躍!

「EAGLE NEST CAFE」は、このカフェ以外に、イベント出店や移動販売、ケータリングで活躍するフードトラックがあります。出店場所の規模やイベントの内容によって出動するトラックとメニューをカスタマイズするのも髙橋さんの役目です。

■定期的に出店している移動販売は軽トラタイプで。メニューはご飯もののみ。カレーやたこライス、チキンクリームライスなど、スパイシー+ご飯というコンセプト
■薪で炊くピッツァ窯を搭載できる2tロングトラック。これは広い場所でのイベントのみ出動。10月に初めて稼働したのがこのフードトラック。この車体が完成したのが実は出店の2日前で、試運転みたいなぶっつけ本番だったという逸話がある。この時に焼いたピッツァは3時間で120枚。大忙しの現場だったとか
■これから力を入れたいのが、カスタムケータリング。最近人気のグランピングや大人数でのバーベキューなど、本格的な料理をヴィンテージアメリカンの世界観の中で楽しんでもらいたい。初めての依頼は提携している守谷のキャンプ場にて、会社の忘年会用にとのことだった

「料理人として料理を作る時は大きな設備の整った店舗が多かったので、最初にトレーラーのキッチンを使った時はやりづらいと感じました。でも、狭くて設備にも限界があるキッチンカーで、いかに料理のクオリティとスピードを上げるか?と簡単なレイアウトを考えるのも面白いです。また、食材を置く場所とか、ここにフックや棚があったらいいな、などオペレーション化にむけての追加は会社に言えばすぐに作ってくれるので、そこがやっていて楽しかったし、勉強にもなりました。どんどんカスタマイズされてそれが製作に活かされてくのを実感できるんです」と髙橋さん。
今後はこうしたフードトラックの出店回数を増やすだけでなく、同時にフードトラックを複数台稼働できるようにして飲食事業のメインに成長させたいと考えているそうです。そのためにはスタッフの教育と自分以外のスタッフでもクオリティを下げないで作れるメニュー開発も必要なのだと、熱く語っていました。

トレーラーの製作現場も見ることができる!?

さて、カフェの裏側にはトレーラーやオリジナルの家具を作る工場があります。そこもチラッと見せていただきました。

■トレーラーのシャーシ。土台になる部分で、電気系統の配線などもあり、これは輸入している。この枠を基にハウス部分を作るのが「EAGLEVALLEY」の仕事
■「オールド・サクラメント」は、無垢材や古材を使用した木製家具やアイアン家具を製作する工房
■木製品を加工するエリア
■こちらでは金属加工の職人が黙々と仕事をしている
■個人からの依頼で小さなトレーラーを制作中
■ステージトラックの内装も制作。スタジオなど建物の内装も得意

心あたたまる料理をどこへでも届けられるフードトレーラー

「EAGLE NEST CAFE」は鉄道の駅からはちょっと遠い場所にあります。なので、どんなお客さんが来るのでしょう?
「基本的にカフェはランチタイムしかやっていないので、営業時間も短いのですが、イートインスペースも少ないので3組くらいでいっぱいになってしまいます。ここで食べる方というよりも最近はテイクアウトが増えてきていますね。平日は主婦の方、週末はファミリーや若いカップル。大学生のサークルも多いです。車でおみえになる方が多いのはもちろんですが、バイクや自転車でツーリングしている方にじわじわと人気が出てきています。この大きな看板は年末にここの工場で作ってすぐに設置したのですが、看板があると見つけてもらいやすくなりました!」

カフェはお客さんに来てもらうところですが、フードトレーラーやキッチンカーはどこでもあたたかい料理を届けることができるアクティブな店舗です。きっと明日もどこかで、「EAGLE NEST CAFE」の料理を楽しみにしている人がいるはず。

さて、私だったら…気持ちの良い晴天の日の森の中で、人数多めに集めてグランピングしてみたいですね♪

「EAGLE NEST CAFE」
住所:千葉県柏市箕輪356-12
電話番号:04-7192-8638
営業時間:月~日11:00~15:00
定休日:不定休
アクセス:阪東バス 「柏54」系統 (柏駅東口-東我孫子車庫)「新箕輪」停留所下車徒歩2分
駐車場あり
HP:https://eaglenest-cafe.com/

[post_title] => Vol.31 料理人がカスタマイズしたフードトレーラー店舗「EAGLE NEST CAFE」 [post_excerpt] => [post_status] => publish [comment_status] => open [ping_status] => closed [post_password] => [post_name] => vol-31 [to_ping] => [pinged] => [post_modified] => 2020-03-20 22:51:18 [post_modified_gmt] => 2020-03-20 13:51:18 [post_content_filtered] => [post_parent] => 0 [guid] => https://shokki-pro.com/media/?post_type=magazin&p=2237 [menu_order] => 0 [post_type] => magazin [post_mime_type] => [comment_count] => 0 [filter] => raw ) [comment_count] => 0 [current_comment] => -1 [found_posts] => 37 [max_num_pages] => 2 [max_num_comment_pages] => 0 [is_single] => [is_preview] => [is_page] => [is_archive] => 1 [is_date] => [is_year] => [is_month] => [is_day] => [is_time] => [is_author] => [is_category] => [is_tag] => [is_tax] => [is_search] => [is_feed] => [is_comment_feed] => [is_trackback] => [is_home] => [is_privacy_policy] => [is_404] => [is_embed] => [is_paged] => [is_admin] => [is_attachment] => [is_singular] => [is_robots] => [is_favicon] => [is_posts_page] => [is_post_type_archive] => 1 [query_vars_hash:WP_Query:private] => f0fcd13be14c3be6959ea988afe4289f [query_vars_changed:WP_Query:private] => [thumbnails_cached] => [stopwords:WP_Query:private] => [compat_fields:WP_Query:private] => Array ( [0] => query_vars_hash [1] => query_vars_changed ) [compat_methods:WP_Query:private] => Array ( [0] => init_query_flags [1] => parse_tax_query ) )

Copyright © 2016 飲食店向け仕入れサイト『食器プロ 』All rights reserved.