業務用食器と調理器具 -食器プロ-登録商品150,000点以上!すべての飲食店オーナーのコストダウンをサポート-

家飲みにお薦め!自宅でできる「焼き鳥焼き器」

time 2018/07/19

家飲みにお薦め!自宅でできる「焼き鳥焼き器」

Newやきとり屋台外箱

突然ですが、みなさんは外飲み派?家飲み派?

最近はすっかり家飲みも定着し、おつまみ缶詰なども充実していますね。でも、お店からただよう香ばしい焼き鳥のにおい…ついつい引き寄せられてしまうことも。今日はそんなアツアツの香ばしい焼き鳥がおうちで楽しめる、家庭用の焼き鳥焼き器「NEWやきとり屋台 MYS-600」をご紹介します。

 

アツアツ焼き鳥で一杯!を家飲みで実現

Newやきとり屋台本体まず開けてみましょう。B5ノートの大きさにすっぽり収まる小ささと、350mlの缶ビール2本ほどの軽さで、見た目はまるでおもちゃのような可愛さです。付属品も、脂受けトレイのみという潔さ。はてさて、きちんと焼けるでしょうか。

 

 

 焼き目は意外と本格派

やきとり屋台、最初は塩焼きから家庭用焼き器でも立派な焼き色がまずは塩焼きから。トレイに水をたっぷり入れ焼き始めます。今回用意した串が大きめの肉だったこともあり、電熱線に肉がつかないようサイドバーは高めにセット。サイドバーのみで支えるため、丸串ではなく、鉄砲串(写真の持ち手つき串)が安定もよくおすすめです。しばらくするとジリジリと焼け始める音が聞こえてきますが、煙はほぼ出ません。よくみると油はトレイにたまっています。塩を振り、何度かひっくり返すこと15分。我ながらおおっ!となる焼き上がりです。

 焼き網があればさらに便利!

やきとり屋台で塩焼き「Newやきとり屋台」は網焼きもOK!調子に乗り、どんどん焼いていきます。するとししとうに異変が。焼き縮むため、串がゆるみ回転するししとう。急遽家にあった焼き網を使うことで解決しました。実は後で知ったのですが、専用の焼き網も別売りで用意されています。網があればさらに安心ですね。

%e7%84%bc%e3%81%8d%e9%b3%a5-8%e7%84%bc%e3%81%8d%e9%b3%a5-9慣れてきたところで、タレに挑戦です。このころになると、余裕がでて焼けるさまをゆっくりと楽しめるようになってきます。赤い電熱線の上でジュワジュワ照りがつくのを見つめながら冷たいハイボールをひとくち。なんだかとても癒される時間が流れます。今回はスーパーで売っている焼き鳥のタレを使ったのですが、電熱線に垂れることもなく煙はほとんど出ません。タレは一度にたっぷりではなく、何度かに分けて薄くつけることがコツ。出来上がりは塩よりジューシーで、アツアツを頬張るとやはり旨い!

焼き鳥だけではない、楽しみ方も。

焼き鳥だけでなく、焼きおにぎりも楽しめる!カリっ、もちっの焼きおにぎりも「Newやきとり屋台」におまかせひととおり焼き鳥を楽しんだところで、本日の〆といきましょう。おにぎりを焼き網でこんがりと焼いたらお茶漬けのだしの中へ。香ばしく外はカリッカリ、中はもっちりと焼けたにぎりを崩してさらさらといただけば、気分は小料理屋です。

 

後片付けだって簡単

分かりやすいスイッチは本体右脇に、トレイがしっかり油を受け止める気になる後片付けですが、スイッチを切って10分ほどで熱が冷めてきます。トレイは丸洗いできますし、本体はほんのり温かいうちに濡れ布巾でふき取れば焦げ付きもきれいに取れるので心配はいりません。

 

自宅で楽しめる焼き鳥焼き器ひとりでのんびりと家飲みを楽しみたい、またはおふたりで話をしながらゆっくり飲みたいときにはこの小さな焼き鳥器が大活躍するでしょう。みんなでワイワイ飲みたい?そんな方には一回り大きく、たこ焼きもできる「屋台横丁 MYT-800」もありますよ。

記事担当:食器プロスタッフ島村

 



Copyright © 2016 飲食店向け仕入れサイト『食器プロ 』All rights reserved.